芸能

日テレ女子アナの中で語り継がれる「『天城越え』よりも過酷な“箱根越え”」とは?

後藤晴菜アナ

後藤晴菜アナの”箱根越え”は?(日本テレビHPより)

 今年も多くのドラマを生んだ箱根駅伝。中継を担当する日本テレビでは、放送にかかわることを夢見て入社するアナウンサーも少なくない。そんな彼らの中では“箱根越え”なる言葉が語り継がれているという。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが解説する。

 * * *
 放送作家として『女子アナ給湯室』(日本テレビ)に関わっていたときは、同局の女性アナウンサーらのフリートークから多くのネタを仕入れさせてもらったものである。

 ちなみに『女子アナ給湯室』は1999年~2000年、月~金の帯の24時45分~50分枠でオンエアしていた番宣番組だ。ただ番宣スポットを流していただけでは視聴者に見てもらえない…という理由から、番宣VTRの前後に、文字通り、給湯室での女性アナウンサー3名の“おしゃべり”を挟んでいたのだ。

 いまでも覚えているのは、大阪府出身の森富美アナが、地元では既に当たり前だった「恵方巻き」の風習と作法を教えてくれたこと。私も含め、恵方巻きを全く知らなかった関東勢のスタッフは、森アナの“食べるポーズ”にギョッとしつつも、「これはオイシー(絵)」と。忘れられない放送回だ。

 もう一つは「『天城越え』よりも過酷な“箱根越え”」という話についてである。日本テレビが1月2日と3日に「箱根駅伝」こと「東京箱根間往復大学駅伝競走」の中継をしているのは皆さんも御存知のとおり。

中継やインタビューが夢だったというアナウンサーが多い

 日テレのアナウンサーには、放送センターはもちろん、1号車~4号車までの中継車での実況や、鶴見、戸塚、平塚などの各中継所でのリポート、往路、復路、総合インタビューなどを担当するのが「夢だった」という者が多数いる。

 大半は男性アナウンサーなのだが、中継車にはサブで後輩女性アナウンサーがストップウォッチ片手に付くこともあるし、近年は、選手や監督へのインタビューを女性アナウンサーが担当する機会も増えている。

 今年の『箱根駅伝』翌日の4日、解説に瀬古俊彦氏を迎え特集した『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、元・日テレの羽鳥が、中継車に乗るアナウンサーの中には紙おむつをして臨む人がいることを明かしていた。長時間、トイレに行けないからだ。

 過酷なことはまだまだある。プロ野球の実況やオリンピック競技の担当がそうであるように、『箱根駅伝』の中継をするアナウンサーは、準備や取材を数か月前から始めている。出場校へ選手や監督の取材に出向き、取材ノートが何冊にも及ぶとも聞く。本格的に準備に明け暮れる年末年始は、「彼氏に会う暇もない」ということから、「その間に別れてしまう人が少なくない」。それが、『天城越え』よりも過酷な“箱根越え”だというのだ。

 第98回の今年、後藤晴菜アナウンサーが頻繁にリポートを入れていて驚いた。後藤アナといえば、昨年5月には、ヨガインストラクターの資格を取得し、『バゲット』で「カラダが変わると気分も上がる」なるキャッチで行う「バゲットトレーニングクラブ」でのポーズが完璧なスポーツウーマンでもある。これまでにも何度も『箱根駅伝』を担当しているのだが、後藤アナは、昨年10月、プロサッカー選手の三竿健斗選手(鹿島アントラーズ)との結婚を発表したばかりの“新婚さん”。夫婦水入らずの初めてのお正月ではないか。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン