スポーツ

プロ野球大物OBが2022予測「巨人の問題は選手の意識の肥満」

中畑清

巨人のOB会長も務める中畑清氏

 プロ野球の「新監督」は常に注目されるが、今年は日本ハムの“ビッグボス”こと新庄剛志氏が話題を席巻。大物球界OBである江本孟紀(元南海ほか、野球評論家)、中畑清(元巨人、野球評論家)、達川光男(元広島、野球評論家)の3氏は来季の指揮官たちの手腕をどう評価するのか。【全3回の第3回】

中畑:セリーグは中日の立浪(和義)新監督はどうかな。ヘッドが落合(英二)でコーチにノリ(中村紀洋)や森野(将彦)、二軍監督が片岡(篤史)と同世代で周りを固めた。逆にちょっと心配だよね。

江本:「お友達内閣」は大体うまくいかない。でも、ヒゲ・茶髪禁止なんかは、立浪のスタイルだからいいと思うね。

達川:かわいい顔して、気の強さは一番。1年目からレギュラーで出て、星野(仙一)監督から「挨拶するな」と言われていたから、打席で立浪から挨拶されたことがない。「立浪、PLでは挨拶も教わらんのか」と言ってやったら、黙ってガツーンと打ちやがった。気が強くて、意外とワンマン政権になるんじゃないか。

江本:セでは昨シーズンは久しぶりに巨人をボロクソに言うことができましたわ。原(辰徳)政権の行き詰まりというか、菅野(智之)はじめポイントとなる選手が働かなかった。中田翔を獲得して失速したし、ことごとく裏目に出ている。

中畑:オレはOB会長だからあんまり言えないわな。でも中田が入るまでは本当に勢いがあった。これからという時に、なんでという補強だったよ。オレはショックだった。

達川:原監督は元木(大介)ヘッドに相談しているんかな。

中畑:オレはOB会長としてここまでが精一杯だ。

江本:あとはチームの肥満。選手の意識の肥満ですよ。恵まれすぎというのが滲み出て、試合に負けても悔しさが見えない。リリーフも出てくると必ずランナーを出す。自分でピンチを作っておいて、失点しなければ手柄を立てたかのようにベンチに帰ってくる。アホかと。

達川:小林(誠司)もあのリードと成績で1億円をもらったらアカンよね。

中畑:阪神はどうかな? 矢野(燿大・監督)は急に梅ちゃん(梅野)を使わなくなったよな。

達川:ノムさん(野村克也氏)が現役時代の矢野のリードを見てマスコミに「最下位のキャッチャーだな」とボヤいていた。矢野は同じようにマスコミに梅野のことを言ったんだけど、免疫がないんですよ。あのあたりから関係がおかしくなった。矢野としては悪く言ったつもりはないけど、今の若い子は傷つくんだよね。

江本:新聞を通じて言うのは一番よくない。

中畑:褒めるのはいいが、叱る時は直接が鉄則だよ。

達川:その点、DeNAの三浦(大輔)監督は上手い。桑原(将志)が巨人戦で9回2死から内野フライを打ち上げた時、相手野手がイージーフライを落球したのに全力疾走を怠っていた。三浦は桑原を呼んで、「お前はそんな選手じゃないから一生懸命走れ」と言って、試合から外さなかった。そこからガンガン走るようになった。これだよね。

関連記事

トピックス