芸能

『ザ・ベストテン』、伝説の生放送ハプニング 空港に聖子現れず7分つなぐ

父は天才ヴァイオリニストといわれた黒柳守綱氏

12年間『ザ・ベストテン』の司会を務めた黒柳徹子

 毎週独自のヒット曲ランキングの上位10曲を紹介し、多くの歌手が登場して生歌・生演奏を披露する音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)。1978年から1989年にかけて放送され、1981年9月には番組最高視聴率41.9%を記録するなど、まさに伝説的な番組となっている。

『ザ・ベストテン』では、1位をお祝いする特別企画をあれこれ催すのが恒例だった。1981年は、前半に寺尾聰(74才)の『ルビーの指環』が12週連続1位、後半にはイモ欽トリオの『ハイスクールララバイ』が8週連続1位となり、作詞家・松本隆(72才)の作品が大ヒットした“松本イヤー”だった。同番組元ディレクターの宇都宮荘太郎さん(68才)が振り返る。

「『ルビーの指環』の1位連続記録の記念に、寺尾さんが好きなハイライトで記念たばこを作ったのが特に印象深いです。かなり前から発注しなければならず、完成前に1位が途切れれば水の泡。心臓に悪い企画でした」

生放送ゆえのハプニング続出

 生の歌番組だけに、次のようなハプニングがあった。

【1】松田聖子が『青い珊瑚礁』で初登場時、羽田空港に到着した飛行機のタラップで歌う設定だったが、到着がずれ、追っかけマンの松宮一彦アナが約7分もつなぎ、語り草となった。

【2】修学旅行生が宿泊する旅館の大広間に近藤真彦が突然現れて歌う設定のときは、大騒ぎになってけが人が出るかも!と、スタッフが必死にマッチを守った様子がすべて生中継された。

【3】中山美穂(51才)が到着した駅のホームに降りて歌う中継で、中山のイヤホンが故障。あわてたスタッフが自分のイヤホンを中山の耳に押し込んだが、黒柳に「耳に突っ込むのはおやめなさい」と怒られた挙句、歌えないままドアが閉まり、中山は走り去った。

【4】局内の別スタジオでドラマ収録中だった1位の郷ひろみ。収録が延びて1位発表に間に合わず、時間稼ぎのCM後に飛び込んできたが、結局歌の途中で番組終了。タイムキーパーが泣き崩れる事態に。

関連キーワード

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン