芸能

三谷幸喜の代わりに芸人登場 大河の現場で小栗旬驚く誕生日サプライズ

三谷

三谷幸喜の代わりにモノマネ芸人が登場

 小栗旬(39才)演じる主人公・北条義時が、女人を後ろに乗せ、馬を全力で走らせる。その背中に向けて、後を追う騎馬武者たちが容赦なく矢を放ち続ける──。

 1月9日、迫力満点のシーンで始まったNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。1話のラストでは、義時の後ろに乗っているのが女装した源頼朝(大泉洋・48才)で、敵の手から逃げるために疾走していることが明かされる。

 こうした伏線のある展開や、時に、大河らしからぬユーモアを交えた脚本は、三谷幸喜(60才)によるもの。第1話の平均世帯視聴率(関東地区)は17.3%、第2話も14.7%と、好調なスタートを切った。

 頼朝は東国武士団をまとめて平家一門を打ち破り、鎌倉幕府を開くが、絶頂のさなかに謎の死を遂げる。タイトルの『13人』とは頼朝亡き後に合議制で幕府を動かした家臣の数。そのなかで、激しい権力闘争を勝ち抜いていくのが主人公の義時だ。

 キャストも豪華で、後白河法皇役として西田敏行(74才)、平清盛役として松平健(68才)が出演。結婚後初のドラマ出演となる新垣結衣(33才)は頼朝の最初の妻である八重役を演じ、北条政子役を小池栄子(41才)が、義時の継母・りく役を宮沢りえ(48才)が演じる。  

 NHKでも働き方改革が進み、撮影が早く終わることも少なくないというが、現場にはピリリとした空気が流れているという。

「撮影の雰囲気自体は穏やかなのですが、とにかく三谷さんの本(脚本)が遅いので、大掛かりなセットを組むスタッフは、事前準備がなかなかできず、てんてこまいなんです」(大河ドラマ関係者)

 そんな状況を肌で感じているのか、12月26日の小栗の誕生日に、三谷はある“奇策”に出たという。

 撮影スタッフの1人が興奮気味に語る。

「撮影後、セットのなかにものすごい量のスモークがたかれたんです」

 白い煙が立ち込めるなか、しばらくすると、ある男性にスポットがあてられた。

「その男性がスモークのなかから『旬、誕生日おめでとう!』とメッセージを読み上げたんです。声も仕草も三谷さんそのものだったので、誰もが本人によるサプライズだと思って、そのバースデーメッセージに静かに耳を傾けていたら、どんどんスモークが薄くなっていって…。

 なんと姿を現したのは、三谷さんのモノマネをするお笑い芸人のユリオカ超特Qさん(53才)だった。これには小栗さんも大笑いでした」(前出・大河ドラマ関係者)  

 気になるのは、三谷が現れなかった理由だが──。

「台本がなかなか書き上がらないため、みんなに合わせる顏がないと言って“逃亡”したのだとか(笑い)」(ドラマ制作スタッフ)

※女性セブン2022年2月3日号

ユリオカ超特Q

大役を果たしたユリオカ超特Q(写真はユリオカ超特QのTwitterより)

(写真はTwitterより)

三谷とユリオカ超特Q(写真はユリオカ超特QのTwitterより)

(写真はTwitterより)

三谷とユリオカ超特Q(写真はユリオカ超特QのTwitterより)

小栗の誕生日にサプライズが・・

小栗の誕生日にサプライズが…

2020年に大泉と映画でもニセ夫婦役を好演

2020年に大泉と映画でもニセ夫婦役を好演

源頼朝役の大泉

源頼朝役の大泉

頼朝の最初の妻を演じる

頼朝の最初の妻を演じる新垣結衣

義時の継母を演じる

宮沢りえは義時の継母を演じる

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
マネーポストWEB
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン