芸能

鷲見玲奈アナがズムサタ起用 「第二の田中みな実」として女性ファン拡大あるか

バラエティで活躍中の鷲見アナ(写真/ロケットパンチ)

女性ファンの獲得を目指す?(写真/ロケットパンチ)

 フリーアナウンサーの鷲見玲奈アナ(31才)が、4月から日本テレビ系情報番組『ズームイン!!サタデー』の総合司会を務めることが明らかになった。今月11日には、交際中だったパイロットの一般男性とも結婚し、まさに公私ともに順調といった様子だ。

「近頃は、バラエティー番組が中心で、フリーアナとしての仕事が減っていたなかであり、今回の『ズムサタ』起用は意外な人選にも見えますね。平日の朝の情報番組の場合、女性視聴者を意識したキャスティングになる傾向がありますが、土曜日の『ズムサタ』は必ずしも女性視聴者だけがターゲットではなく、男性の視聴者も多少は意識していると思います。フリーアナの中では特に男性ファンが多い鷲見アナが起用されたのは、そういった背景もあるのかもしれませんね」(テレビ局関係者)

 鷲見アナは昨年8月写真集『すみにおけない』を発売したことも話題となった。この写真集では、初めての水着のカットも含まれている。エンタメ事情に詳しいライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「たしかに水着のカットはありますが、写真集は露骨に男性向けというわけではなく、爽やかで上品な雰囲気のものです。これがもしもかなりセクシーな内容だったら、そういったキャラクターが押し出されるようになり、『ズムサタ』のような朝の情報番組に起用されることはなかったかもしれませんね。

 とはいえ、写真集で水着にならないと話題になりにくいのも事実であり、そこは避けて通れなかったという事情もあったと思います。そう考えると、話題性もあって、その後の仕事にもあまり影響せず、なおかつ美しくて爽やかだという、絶妙なバランスの写真集なんですよ。『ズムサタ』の司会となった今振り返ると、とても戦略的な写真集だったように思えますね」

 写真集が大きな話題となったフリーアナといえば、田中みな実(35才)が思い出される。田中は2019年12月にファースト写真集『Sincerely yours…』を発売。セミヌードと呼ぶべきセクシーなカットが多い内容だった。

「田中さんは、セクシーな写真集を発表しましたが、それもやはり男性向けの露骨なものではなく、おしゃれでクールなセクシーさでした。同時に、女性向けファッション誌やコスメ誌にも多数登場するようになり、自身の美に対するこだわりや恋愛体験などを披露し、女性からの支持を拡大していきます。その結果、仕事も増えたし、自身の念願だった俳優業への本格進出も果たしているわけです。ここ最近のフリーアナウンサーの自己プロデュースとしては、最大の成功例といえますね」(大塚氏)

 写真集がひとつのきっかけとなり飛躍した田中みな実。鷲見アナはそんな田中に追随していくのだろうか。

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン