芸能

松岡修造 亭主関白なマイルールを改めて、妻と手つなぎ六本木デート

「ぎゅっ」と手をつなぐ松岡(左)と惠美子さん

「ぎゅっ」と手をつなぐ松岡(左)と惠美子さん

 日本一熱い男の手は、この日、優しいぬくもりに包まれていた。1月下旬の東京・六本木。寒風に吹かれながら、松岡修造(54才)と妻の惠美子さん(56才)が肩を寄せて歩いている。惠美子さんがかじかんだ手を口元に運び、「ふぅ」と白い息を吹きかけると、松岡は冷え切った妻の手をそっと握りしめた──。

 結婚25年目のいま、ふたりの関係に変化が訪れている。松岡は1997年12月に元テレビ東京アナウンサーの惠美子さんと結婚。3人の子供に恵まれた。熱血な子育てで知られる松岡だが、ここ数年は事情が変わっていた。

「2017年に長女が宝塚音楽学校に合格して、寮生活のために家を出ました。2019年には長男も留学。末っ子の次女は思春期を迎えています。惠美子さんと水入らずの時間が増えました」(松岡の知人)

 時を同じくして、収束の兆しがいまだに見えないコロナ禍での生活が始まった。

「ステイホームの時間が増えたことで、奥さんとの関係がギスギスしたこともあったようです。その状況に松岡さんは、自分が変わらなければいけないと感じ、“人の話を聞く”“否定しない”といったことを心掛けていました」(前出・松岡の知人)

 松岡は自他ともに認める亭主関白で、惠美子さんに対し「自分(松岡)が起きたときにはフルメイクしておくこと」「肉は1枚1枚焼いて、食べる直前に食卓に運ぶこと」など、“モラハラ”と捉えられかねないルールを課していた。美食家でもある松岡には、外食にも譲れないルールがあった。

「松岡さんは目の前の料理に集中するあまり、惠美子さんと外食しても会話はありませんでした。惠美子さんが話しかけようものなら、険悪な雰囲気になることも珍しくなかったんです。でも最近は惠美子さんと会話をしながら食事を楽しんでいます。ただ話は聞きながらも、目は料理に釘付けなこともまだまだ多いですけどね(笑い)」(前出・松岡の知人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン