芸能

黒木華は「作品の格を上げる女優」 もはやポスト蒼井優ではない

( AFLO)

今後のさらなる進化に期待( AFLO)

“ポスト蒼井優”──かつてそう呼ばれたこともある女優・黒木華は、今や独自の存在感を放つ役者として確固たる地位を築いている。フジテレビ系で初主演を務める1月期の連続ドラマ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』では、黒木の演技力を評価する声は多い。

 毎週木曜夜10時放送の『ゴシップ』は、大手出版社のニュースサイト編集部を舞台とした物語。黒木は経理部から編集部へと異動してきた主人公・瀬古凛々子役を演じ、徐々にネットニュース記事の取材・執筆に意義を見出していく仕事ぶりと人間的成長が描かれている。

 黒木は今年でドラマデビューからちょうど10周年を迎える。ニュースサイトの編集部員という初の役柄に挑戦することもあり、放送開始前は高視聴率を期待する声も多かった。だが蓋を開けてみると第1話の平均視聴率が6.5%。その後の放送回も視聴率6%前後と低迷している。

 一方、主演の黒木華の演技に関しては好評だ。ネット上では「やっぱり演技がうまいなあ」「ミステリアスな雰囲気がいい」「掴み所がなくて引き込まれる」といった感想が相次いでいる。

 黒木といえばかつては雰囲気の類似から“ポスト蒼井優”と呼ばれたこともあった。映画評論家の小野寺系氏は「たしかに黒木華は“ポスト蒼井優”のイメージを背負ってきた部分がありました」としつつ、『ゴシップ』における現在の黒木の演技をこのように評価する。

「『ゴシップ』における黒木華の演技を見ると分かるように、現在の彼女は俳優として以前よりも高い領域に到達しています。同ドラマでは“事実を追及する女性キャラクター”という、テレビドラマ的な分かりやすい役柄でありながら、視聴者が予想するイメージとは明らかに異なる演技を提供しています。

 ここで彼女が見せるリアクションは、個性が際立ちながらも複雑で奥行きのある、現実に存在する人間のような反応です。“もっと彼女を見ていたい”と思われされるのは、おそらく演出家が求めている以上のレベルで、彼女が独自に演技プランを練っているからではないでしょうか」

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン