国内

小室圭さんが受けたNY司法試験、2021年に合格した弁護士が憶測報道に違和感

渡米後、ニューヨークをメガネにスーツ姿で歩く小室さん

ニューヨーク州司法試験に挑戦している

 秋篠宮家の長女・眞子さんと昨年結婚した小室圭さん(30)が、まもなく2度目のニューヨーク州司法試験を迎える。昨年7月に受験した同試験は不合格だったため、現在、小室さんは法律事務所に「法務助手」として勤務しており、弁護士に比べて収入は低い。眞子さんとのニューヨークでの夫婦生活の行方は、2月22日・23日に行われる再試験の結果にかかっている。

 日本の司法試験と比較すると、ニューヨーク州司法試験の合格率は高い。昨年7月の司法試験全体の合格率は63%で、初受験した人に限れば78%だった。その数値だけを見て、中には「小室さんは努力不足だったのではないか」と感じた人もいるかもしれない。

 しかし、ニューヨーク州司法試験は決して簡単に受かるようなものではない──。そう話すのは、まさに昨年7月に同試験を受験した村尾卓哉弁護士だ。見事合格した村尾弁護士だが、「簡単なテストという扱いをされると、当事者としては違和感があります。」と語る。

「たしかに合格率などの点から、日本の司法試験のほうが、狭き門とは言えるかもしれません。日本の司法試験は、解釈や理論など法律に対する深い知識が求められる一方で、どちらかというとアメリカの司法試験は“各法分野について、大枠を理解できているか”が問われる印象です。しかし、それでもニューヨーク州司法試験は難しい。その最大の壁は、言語の違いにあります」(村尾弁護士、以下同)

20ページ近くある問題文

 小室さんが受けるニューヨーク州司法試験は2日間にわたって実施され、1日目は筆記テスト、2日目は択一テストが出題される。試験時間は各6時間という長丁場で、択一テストは200問が出題される。筆記テストでは、架空の州を舞台にして架空の法律や判例をもとに事案を分析させるMPTという問題もある。

「MPTはネイティブの受験生にとっては比較的、取り組みやすい問題とされ、『オアシス』とまで言う受験予備校の教師もいました。しかし、ノンネイティブにとっては20ページ近くある問題文を読むだけでも一苦労で、私も時間が足りずに苦戦しました。」

 新型コロナ感染拡大により、昨年7月度のニューヨーク州司法試験はオンラインで実施された。専用のソフトにより、試験中の受験生の姿が録画され、AIによる映像チェックを経て、「不正行為があった」と試験委員会にみなされると失格になってしまう。自宅でのオンライン試験といえど、厳しいカンニング対策が取られているのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン