芸能

寂しさを口にする機会が増えた黒柳徹子に“同じマンションで暮らす心強い存在”

最後を託す男性

黒柳徹子が「最後を託す男性」は

 年を重ねると、新しい環境は大きな負担になるものだが、米寿を迎えた黒柳徹子(88才)は、それをいとわなかった。「不慣れな場所」と「孤独」を天秤にかけて選んだ30年ぶりの“引っ越し先”。そこで彼女を待っていたのは、いま、いちばん心を許せる人たちだった

 昨年8月に米寿を迎えた黒柳。“不動産好き”として知られ、都内の一等地に複数の物件を所有してきた彼女だが、ここ数年は少しずつ物件を売却し、意外な地域のマンションを購入した。

「アーケード商店街の周辺に閑静な住宅地が広がる、若いファミリー層に人気を集めるエリアで、しかもタワーマンションの高層階を購入したと聞きました。おそらく彼女はここに引っ越したのだと思いますが、なんと言うか、らしくない場所と言いますか。黒柳さんがこれまで好んで買ってきた都心近くの物件とは大きく異なるので、スッキリとしない引っ越し先ではあります」(テレビ局関係者)

 近年、黒柳さんが収録を行う際には必ず付き添っている男性がいる。オートクチュールのビーズ刺繍デザイナーとして活躍し、「ビーズ王子」として女性ファンからも人気の田川啓二さん(62才)だ。

 田川さんとは『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した縁で親交を深め、2016年には黒柳の事務所の代表に就任。田川さんにはAさんという弟分がいて、2018年には事務所代表の座をAさんに譲っており、黒柳がタワマンを購入したタイミングで、Aさんも同じマンションの同じフロアで生活を始めたという。

「田川さんとAさんは以前からこの地域を拠点に暮らしていました。黒柳さんに引っ越し先のマンションをすすめたのももちろんそのお二人だと思いますよ」(前出・テレビ関係者)

彼らのお世話になりながら最後を迎えたい

 2006年に母を亡くして以降、長い間ひとりでたくましく生きてきた黒柳。しかし、80代を迎えた彼女にとって、信頼できる彼らと同じマンションで“ひとつ屋根の下生活”を送れるという状況は、有り難いものだったのかもしれない。80代も後半を迎えると、肉親との別れだけでなく、親しい友人たちが次々に先立っていく。黒柳も例にもれず、ここ数年、寂しさを口にすることが増えていたというのだ。

 昨年の雑誌のインタビューではこう漏らしている。

《寂しいと思うこともありますよ。池内淳子さんと山岡久乃さんと、後から『夏木陽介さんも加えてあげてもいいわ』なんて言って、みんなで一緒の老人ホームに入ろうって約束してたのに、私だけになっちゃった。

 野際陽子さんとも、私はほとんどお酒を飲みませんけど、彼女とはワインを少しだけなめて、たくさんお喋りをして……とても気が合ったのね。ああ、野際さんと話したいなって思うときがありますよ》(2021年1月号『婦人画報』)

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン