国内

愛子さまが成年を迎えて初の記者会見に 小室圭さんと眞子さんの結婚について何を語るか

3月に会見を控えられている(写真は2021年12月、東京・千代田区/JMPA)

3月に会見を控えられている(写真は2021年12月、東京・千代田区/JMPA)

 愛子さまの初めての記者会見は、単なる「成人の決意表明」以上の意味合いを帯びそうだ。熟慮の末に天皇陛下が絞り出されたおことばを受け、愛子さまが明かされるであろう本音は、女性皇族、ひいては皇室の将来へもつながっていく──。

 20才という人生の節目を迎えられてからの日々は、天皇家の長女・愛子さまの目にどのように映っていらっしゃるのだろうか。昨年12月に成年皇族の仲間入りを果たされてからおよそ3か月。現在、学習院大学2年生の愛子さまは、3月中旬頃に、成年を迎えて初めての記者会見に臨まれる。

「誕生日周辺は大学の授業期間中だったこともあり、学業への影響を考慮して3月に行われることになりました。愛子さまの会見は、ほかの皇族方の会見同様、宮内庁担当の記者クラブが事前に提出した質問にお答えになる形式です」(宮内庁関係者)

 すでに質問事項は宮内庁側に提出されているという。

「全部で5問です。成年皇族になったことへの感想や、大学生活や進路にまつわる質問が含まれています。そのうちの1つには、愛子さまご自身の結婚観と併せて、秋篠宮家の長女・小室眞子さんの結婚についての質問が盛り込まれていると聞きます」(前出・宮内庁関係者)

 これまでにも、女性皇族は、成年時の会見で「結婚観」を問われてきた。2011年に成人した眞子さんは「私はまだあまり結婚については考えたことはありません。理想の男性像に関しましては確たるものはございません」と明かしていた。

 また、秋篠宮家の次女・佳子さまは2014年に「結婚につきましては、将来的にはしたいと思っておりますが、(中略)現在は考えておりません」と答えられた。愛子さまにとって、眞子さんは内親王としての“先輩”であり、一方で“いとこのお姉さん”という身近な存在として慕われていた。それだけに、眞子さんの結婚騒動を、愛子さまはどのように捉えられているのか。その本音は、今後の女性皇族の存在を考える上で重要な意味合いを持つ。

職員たちの心は離れていく

 眞子さんの結婚問題は、皇室と国民との間に“見えない壁”をもたらした。しかし陛下は、2月23日の誕生に先立って行われた会見で改めて皇族のあり方について述べられ、「国民との信頼関係が大切」という皇室のスタンスは不変であることを国民に示された。それ以上に深刻なのは、秋篠宮家に対する職員のモチベーションの低下だ。

「眞子さんの“前例”ができたことで、佳子さまが儀式を経ない結婚を選ばれても不思議はありません。また、皇室の慣習とは異なる結婚をした姉を間近でご覧になった悠仁さまが、それこそ“将来の即位”への疑念を持たれたりしようものなら、皇室の存在自体が立ち行かなくなります。

 そのような事態が起きてしまったら、宮内庁職員たちの心はますます離れていくでしょう。気づいたときには秋篠宮家が孤立無援状態になっている恐れがあります。陛下は、そうした事態を引き起こさないようにするためにも、“国民と皇室との信頼関係”という自らのお考えを発信されたのでしょう」(皇室記者)

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン