ライフ

「年取ると忘れっぽくなる」は思い込み? 心理的要因が脳にセーブをかけることも

(写真/PIXTA)

記憶力は年をとっても鍛えられる!?(写真/PIXTA)

 さっき自己紹介されたのに、ちょっと別の作業をしたら、もう名前が思い出せず声をかけられない。年だから仕方ないか──と、つい年齢のせいにしがちだが、年齢と忘れっぽさはあまり関係性がないと脳神経科学者の枝川義邦さんは言う。

「大人になっても、脳の一部では神経細胞が新しく生まれていることがわかっています。必ずしも加齢によって脳が衰え、忘れっぽくなるというわけではありません」

 それよりも問題なのは、「年を取ると忘れっぽくなる」という思い込みだ。

 アメリカで行われた実験で、18〜22才の若者と60~74才の高齢者を2つのグループに分け、それぞれテストを実施した。テストの内容は似たようなものだが、出題する際の伝え方が違っていた。

「1つ目のテストでは、年を取ると記憶力が衰えるという研究を紹介した後に、『記憶に関するテストをします』と、事前に年齢を意識させて実施した。結果は、若いグループの正答率が5割ほどだったのに対し、高齢グループの正答率は3割に留まりました。もう1つのテストでは、『いまから言語能力を測定します』と説明し、年齢を意識せずに解答してもらった。すると、若いグループと高齢のグループの正答率に差は見られませんでした。

 つまり、“年だから覚えられない”と自分でスイッチを入れてしまうことにより、記憶力は低下してしまうのです」(枝川さん・以下同)

 心理的な要因が、脳にセーブをかけるということだ。それでなくても、脳は忘れっぽい性質を持つ。

「記憶には積極的に忘れる仕組みがあるとわかってきました。なぜなら、私たちが日常的に触れている情報が多すぎるからです。すべてを覚えているとあっという間にキャパオーバーになってしまう。脳は情報をつねに選択し、かなり絞って記憶しています」

 そもそも、すぐに覚えられる記憶容量はそれほど大きくない。専門家サイト・オールアバウトで記憶術ガイドを務めてきた宇都出雅巳さんが解説する。

「人間の脳には、『脳のメモ帳』とも呼ばれる『ワーキングメモリ』というシステムがあります。記憶を一時的に保存する働きがあり、文章を読んだり、会話ができるのはそのおかげです。

 このワーキングメモリの容量は小さく、先に覚えていた情報は、違う新たな情報が入るとすぐに押し出されてすっかり忘れてしまいます。『あれ? 覚えていたはずなのに……』となるのはそのためです」

 忘れてしまうことは脳にとって自然な現象なのだ。

 だが、現実には「もの覚えのいい人」と「もの覚えの悪い人」が存在する。「生まれつき頭の出来が違う」と思いがちだが、そんなことはない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト