芸能

伊藤沙莉、蒔田彩珠、福原遥など 子役出身若手女優が活躍、体当たり演技で飛躍

伊藤沙莉

伊藤沙莉は映画からCMまでブレーク中

 昨今活躍する若手女優には“子役”出身者が多いという。コラムニストで構成作家の山田美保子さんが、子役出身の女優について分析する。

 * * *
 菅田将暉サン(29才)主演『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)で、「風呂光さん」を好演。池松壮亮サン(31才)と共演する主演映画『ちょっと思い出しただけ』も大きな話題だし、「マクドナルド」「メルカリ」「サントリー」「スタジオマリオ」などなどCM界でも引っ張りだこの大ブレーク女優といえば伊藤沙莉サン(27才)です。

 2月19日には、兄で『M-1グランプリ2021』(テレビ朝日系)で準優勝した「オズワルド」の伊藤俊介サン(32才)と『まつもtoなかい~マッチングな夜~』(フジテレビ系)にスタジオで面と向かって初共演したことが話題になりましたよね。

 なんと、俊介サンの妹で沙莉サンの姉である史織さんもサプライズで出演。さらにフロアには、お母さま、伯母さま、史織さんのご主人が勢揃いし、秘話が次々と明かされました。

 参観日に俊介サンが「来てくれてました」と沙莉サンが言えば、兄が4万円、妹が22万円の家賃を払って2人暮らししていた時代、遊びに来た松岡茉優サン(27才)や広瀬アリスさん(27才)に「ため口でしゃべってた」と俊介サン。伊藤沙莉サンの好感度がさらにアップするひとときとなりました。

 もちろん子役時代に出演していた『女王の教室』(2005年・日本テレビ系)の写真も紹介され、私はまた主演の天海祐希サン(54才)がスタジオの前室で「沙莉」と呼び止め、伝えた珠玉の言葉を思い出していました。

「カメラが自分に向いていないときでも、注目されるようなシーンじゃなくても、必ずあなたは気を抜かずにお芝居をしている。(中略)そうやって、あなたがいまのままでいてくれれば、誰かが見つけてくれるし、誰かが認めてくれるから、ずっとそのまま変わらないでいてね」です。

 同ドラマで当時注目を集めていた子役は志田未来サン(28才)や福田麻由子サン(27才)。伊藤サンは存在感を示したものの、多くの視聴者に名前と顔を覚えられるまでには至りませんでした。

 でもここ数年、業界でいわれるのは「子役出身の女優は、みんな演技がしっかりしているし、作品への取り組みかたが違う」という高評価で、その代表的存在が伊藤沙莉サン。

 そういえば“伊藤家”に遊びに来た松岡茉優サンも子役出身。すでに主演女優として大活躍しているだけでなく、お笑いが大好きで『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)のMCを喜んで引き受けることでも「気取りがない」と評判です。実は先に芸能界入りしていたのは妹さん。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン