ビジネス

「社員をバカにする社長」は日本経済を腐らせる一因なのではないか

2019年2月、日本商工会議所、東京商工会議所が中小企業経営者向けに開催したパワハラ・セクハラ対策セミナー(時事通信フォト)

2019年2月、日本商工会議所、東京商工会議所が中小企業経営者向けに開催したパワハラ・セクハラ対策セミナー(時事通信フォト)

 マニュアル製作専門会社のグレイステクノロジー株式会社が、繰り返された粉飾決算のために2月28日で上場廃止となった。それに先だって公表されていた特別調査委員会の調査報告書により、過大な設定予算を達成させるためのパワハラが横行していたことが明るみに出た。これらの問題は2021年に急逝した創業者である元会長が主導していたことも報告書で認定されていた。同社のように、創業社長や会長によってパワハラが常態化する職場は規模の大小を問わず少なくない。俳人で著作家の日野百草氏が、いまだに幅をきかせている経営者、幹部の社員に対するパワハラ、私物化と侮辱についてレポートする。

 * * *
「クライアントに『うちの使えない連中(社員)を教育してやってください』って、信じられませんよ。うちの会社、ヤバいと思いました」

 元ベンチャーIT企業の営業マン(30代)の言葉に筆者は「まだそんな経営者がいるのか」とウンザリした。いま彼は大手モバイルゲームの関連会社に転職したが、そのIT企業の社長は自分の会社の社員をバカにする癖があったという。それも他社に向けて、である。

「謙遜や相手企業を持ち上げるためかもしれませんが、逆に印象悪いですよ」

 もっともな話で、「では、御社には使えない社員しかいないのですか」と言われかねない。ビジネスの場なので面と向かって言わないにせよ、脳内ではそう思われているかもしれない。実際、社員の教育を満足にしないまま「現場主義」と称して他社との仕事に社員教育を委ねて野に放つ経営者は少なくない。かつて一世を風靡したフリーペーパー発行会社の広告営業がそれだった。それすら迷惑なのに、まるで私物のように社員をクライアントの前で侮辱する経営者や役員、上司がいる。これもまたパワハラ、モラハラの類だろう。

「言われるこっちも悲しいですし、やめて欲しいです」

 素朴な感情だがまっとうな思いである。仮にバカにしてはいないとしても、社員に対する過小評価や貶めての謙遜、その放言は企業風土を悪化させる。

「いまだにいますよね。ああいう経営者とか、幹部とか、なんででしょうね」

 もちろん、会社や業界それぞれの問題で、全部に当てはまらないと言われればそれまでだが、筆者はこういう会社、エンタメ業界をはじめ何社も知っている。たとえば、

「うちはろくな声優いないですけど、彼女は凄いですよ」

 こんなことを言う幹部のいる声優事務所があった。20年以上前の話、幹部といっても小さな事務所で役員もマネージャーも兼ねている、という体だったが、その男は一人を売り込むために事務所の所属声優をバカにした。ありえない感覚で、常識の通用しないその感覚が逆に怖かったことを覚えている。事務所はとっくに潰れ、その「彼女」の表立った仕事歴も2010年前後で途絶えている。別の派遣会社の女性の話、

「派遣会社でもそういう営業はいます。その人を売り込みたい一心なんでしょうけど、ちょっとどうかと思います。社長クラスでもいます」

 こういった話は別の中小規模の警備会社で聞いたことがある。そこはもっとひどくて「うちには貧乏人しか来ない」と社内に撒き散らす社長がいたという。そのまま受け取るなら社長は「貧乏人のボス」になってしまうが、自分でおかしいと思わないのだろうか。巨大企業でもあるまいし、最終的に採用を決めたのは社長自身のはずだ。また当然ながら、社員(隊員)がどう思うか考えないのだろうか。ここまでくると「モンスター社長」である。

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン