国内

悠仁さま、筑附進学で「私服通学コーデ問題」浮上 教室で浮く可能性も

入学前から“学業以外”で難題が持ち上がっているという(写真/共同通信社)

入学前から“学業以外”で難題が持ち上がっているという(写真/共同通信社)

 4月から筑波大学附属高校(筑附)に進学することが発表された秋篠宮家の長男・悠仁さま(15)。筑附といえば毎年東大に20~30人の合格者を出す都内屈指の進学校(男女共学)で、悠仁さまも優秀な生徒たちと机を並べて勉学に励むことになるが、入学前から“学業以外”で難題が持ち上がっているという。

「通学時の服装です。筑附は自主性を重んじる校風で、制服がありません。これまで通っていたお茶の水中学は学ランでしたが、今後は私服通学になります。年頃の都会っ子が集う高校なので、日々の着回しには気を遣うはず」(宮内庁担当記者)

 筑附のOBによれば、生徒たちは流行に敏感で、ファッション誌を読んでいる女子も多いという。

「思春期真っ盛りですし、服装も髪型もお洒落な子が多いです。茶髪も金髪もOKなので、髪を染める生徒もいます。進学校なのですが、ガリ勉のイメージはなくて、いわゆる“陽キャ”(明るく活発な人)も多い印象ですね」

 悠仁さまの私服ファッションといえば、基本的に襟付きのチェックシャツが定番だった。別の宮内庁担当記者が語る。

「皇室の品位保持という観点もあり、Tシャツや短パンなど、くだけた格好は避けるのが暗黙のルールでした。国産ブランドが基本で、ロゴが目立つものは基本的に着用しません。有名百貨店の外商担当が赤坂御用地まで来て、皇室にふさわしい衣類を選ぶのが通例なので、若者男子の流行ファッションとなると、秋篠宮ご夫妻もなかなか馴染みが薄いと思われます」

 だが、従来の“悠仁さまファッション”だと「おそらく教室内で浮いてしまう」と前出の筑附OB。

 海外王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏が語る。

「英王室がヒントになると思います。ウィリアム王子もヘンリー王子も高校時代は流行に合わせたカジュアルなファッションで周りに溶け込んでいました。フォーマルな格好ばかりだと学友と壁ができてしまいますから。アン王女の長女・ザラさんは舌にピアスをしていた時期もあります。悠仁さまも今後はTシャツにダメージジーンズを穿く日がくるかもしれません。それも成長のうちだと見守りたいですね」

 悠仁さまの高校デビューが待ち遠しい。

※週刊ポスト2022年3月18・25日号

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン