国内

悠仁さま、筑附進学で「私服通学コーデ問題」浮上 教室で浮く可能性も

入学前から“学業以外”で難題が持ち上がっているという(写真/共同通信社)

入学前から“学業以外”で難題が持ち上がっているという(写真/共同通信社)

 4月から筑波大学附属高校(筑附)に進学することが発表された秋篠宮家の長男・悠仁さま(15)。筑附といえば毎年東大に20~30人の合格者を出す都内屈指の進学校(男女共学)で、悠仁さまも優秀な生徒たちと机を並べて勉学に励むことになるが、入学前から“学業以外”で難題が持ち上がっているという。

「通学時の服装です。筑附は自主性を重んじる校風で、制服がありません。これまで通っていたお茶の水中学は学ランでしたが、今後は私服通学になります。年頃の都会っ子が集う高校なので、日々の着回しには気を遣うはず」(宮内庁担当記者)

 筑附のOBによれば、生徒たちは流行に敏感で、ファッション誌を読んでいる女子も多いという。

「思春期真っ盛りですし、服装も髪型もお洒落な子が多いです。茶髪も金髪もOKなので、髪を染める生徒もいます。進学校なのですが、ガリ勉のイメージはなくて、いわゆる“陽キャ”(明るく活発な人)も多い印象ですね」

 悠仁さまの私服ファッションといえば、基本的に襟付きのチェックシャツが定番だった。別の宮内庁担当記者が語る。

「皇室の品位保持という観点もあり、Tシャツや短パンなど、くだけた格好は避けるのが暗黙のルールでした。国産ブランドが基本で、ロゴが目立つものは基本的に着用しません。有名百貨店の外商担当が赤坂御用地まで来て、皇室にふさわしい衣類を選ぶのが通例なので、若者男子の流行ファッションとなると、秋篠宮ご夫妻もなかなか馴染みが薄いと思われます」

 だが、従来の“悠仁さまファッション”だと「おそらく教室内で浮いてしまう」と前出の筑附OB。

 海外王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏が語る。

「英王室がヒントになると思います。ウィリアム王子もヘンリー王子も高校時代は流行に合わせたカジュアルなファッションで周りに溶け込んでいました。フォーマルな格好ばかりだと学友と壁ができてしまいますから。アン王女の長女・ザラさんは舌にピアスをしていた時期もあります。悠仁さまも今後はTシャツにダメージジーンズを穿く日がくるかもしれません。それも成長のうちだと見守りたいですね」

 悠仁さまの高校デビューが待ち遠しい。

※週刊ポスト2022年3月18・25日号

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト