芸能

【角川三人娘】相米慎二、大林宣彦…名監督との出会いで女優として成長

薬師丸は2006年、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』で第29回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した(写真/女性セブン写真部)

薬師丸は2006年、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』で第29回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した(写真/女性セブン写真部)

 1980年代、日本映画界に彗星のごとく現れた薬師丸ひろ子(57才)、原田知世(54才)、渡辺典子(56才)。いまも第一線で活躍し続ける彼女たちの原点は、10代でヒロインを務めた『角川映画』にある。“角川三人娘”と呼ばれた彼女たちの才能を見出した編集者・映画監督・映画プロデューサーの角川春樹さんと映画宣伝プロデューサーの遠藤茂行さんが当時を振り返る──。【全4回の第3回】

名監督との出会いで女優として成長

〈角川三人娘を語る上で外せないのは彼女たちの映画でメガホンをとった数々の名監督の存在だ。『セーラー服と機関銃』の相米慎二監督、『時をかける少女』の大林宣彦監督(享年82)、『晴れ、ときどき殺人』の井筒和幸監督(69才)のほか、厳しい監督たちに鍛えられてきた〉

角川:彼女たちをヒロインに起用する際に、監督と衝突することもありました。

 覚えているのは、『野性の証明』の薬師丸。あの作品の原作は森村誠一さんの小説ですが、彼女が演じた長井頼子は8才でした。でも当時の薬師丸は13才。「原作のイメージと違う」と、メガホンをとった佐藤純彌監督(享年86)は薬師丸の起用に反対したんです。

 そのとき私は、監督を交代させてでも薬師丸でいきたかった。だから当時の角川映画のスタッフに、「お前ら、何が何でも、薬師丸でいくことに賛成しろ」と賛同を得て、最後にはプロデューサーの権限で、「映画の頼子の年齢は、薬師丸の年齢に合わせて13才にする!」と押し切りました。もちろん、監督を交代させるまでには至りませんでした。

 それからいざ撮影が始まって現場に行くと、佐藤監督から、「角川さんに謝らないといけないことがある」と言われました。何事かと思ったら、「角川さん、ひろ子、彼女は天才です!」って(笑い)。

 1980年代の角川映画は相米慎二、根岸吉太郎(71才)、池田敏春(享年59)、井筒和幸、崔洋一(72才)ら当時の新鋭に映画を任せていました。

 典子主演の『晴れ、ときどき殺人』は井筒監督が撮りましたが、芝居のつけかたがうまかったので、志穂美悦子(66才)主演の『二代目はクリスチャン』(1985年)も井筒監督にお願いしました。

 典子は最初から演技が上手でしたね。彼女の作品で思い出すのは、映画『積木くずし』(1983年)です。角川映画ではありませんが、ふだんはピュアな彼女が不良少女を鮮烈に演じた。だから、『積木くずし』の印象が強いんです。

 知世といえば、スクリーンデビューとなった『時をかける少女』の大林監督ですね。

『時をかける少女』(1983年)は角川書店で文庫化していて、これからの映画はSFだと。直感で、『時をかける少女』の主演は知世、尾道で撮るとひらめきました。幻想的な古い街並みを背景にすると知世の透明感がいっそう引き立つんです。大林さんも撮影時に、「知世はひとり、光り輝いていた」とおっしゃっていました。カメラレンズを通して見ると、キラキラと輝いて見えるんですよ。私は映画『愛情物語』(1984年)を監督しましたが、あの作品はとにかく知世をきれいに撮ることだけに集中しました。この作品は金沢でロケをしましたが、旅館から相手役の渡瀬恒彦(享年72)を見下ろすシーンがなんとも美しくて。あんなにきれいだったと思ったことはありませんね。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト