スポーツ

順当なら上沢だが…日本ハム開幕投手、新庄ビッグボスの奇襲はあるか?

新庄ビッグボスは開幕投手に誰を指名するのか?(左は上沢直之。時事通信フォト)

新庄ビッグボスは開幕投手に誰を指名するのか?(左は上沢直之。時事通信フォト)

 昨年の就任以来、毎日のように話題を振りまいている日本ハムの“ビッグボス”こと新庄剛志監督。チームは3月6日までにオープン戦6試合を終えて、4勝1敗1分で首位を走っている。12球団最下位の打率1割7分1厘ながら、防御率は1位の1.33で接戦をモノにしている。プロ野球担当記者が話す。

「オープン戦序盤とはいえ、新庄ビッグボスの走塁や守備への意識改革がチームに浸透している。選手と積極的にコミュニケーションを取っているため、一人ひとりに伝わりやすいのでしょう。いきなりホームランを30本打てといわれても無理ですが、走塁や守備はちょっとした意識や考え方で改善できる。突出した選手の少ない日本ハムに最も必要な要素を新庄ビッグボスは植え付けている。チームの雰囲気も良く、台風の目になる可能性は十分にあります」(以下同)

 オープン戦ではランナー二、三塁の場面でエンドランを仕掛けるなど常識に捉われない采配を見せている新庄監督は3月6日の巨人戦後、開幕投手候補についても「13人くらいいる」と驚きの発言をした。

「新庄ビッグボスに限らず、大抵の新監督は『どの選手も横一線』と言いますし、オープン戦では前任者と違う野球をする。しかし、公式戦に入ると、前任者や他チームと代わり映えしない野球に戻るケースがほとんどです。ビッグボスの場合は違うとは思いますが、それでもまだオープン戦。開幕戦でいかにインパクトを与えるかは今後の監督生活にも大きく影響してくるでしょう」

 日本ハムの開幕投手は、過去10年のうち6年は前年のチーム最多勝投手が務めている。最近7年に限って見れば、6年とほとんどが自他ともに認められたエースが投げている。

【日本ハムの開幕投手と前年の勝利数チーム内順位(2012~2021年)】
2021年 上沢直之 前年8勝(チーム最多タイ)
2020年 有原航平 前年15勝(チーム最多)
2019年 上沢直之 前年11勝(チーム最多)
2018年 ロドリゲス(新外国人)
2017年 有原航平 前年11勝(チーム最多)
2016年 大谷翔平 前年15勝(チーム最多)
2015年 大谷翔平 前年11勝(チーム最多)
2014年 吉川光夫 前年7勝(チーム4位)
2013年 武田勝 前年11勝(チーム2位)
2012年 斎藤佑樹 前年6勝(チーム5位)

「2012年の斎藤は2年目で栗山英樹監督がエースになってほしいという意味も込めて起用した。2014年の吉川は前年こそ不振でしたが、2年前にはパ・リーグMVPになっている。どちらもそれぞれ意味のある起用だと思います」

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン