国際情報

ウクライナ侵攻を「プーチン氏の暴走」と結論付けることのリスク

(時事通信フォト)

国際社会の批判が高まるプーチン氏(時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、世界中が指摘するロシアのプーチン大統領の“暴走”について。

 * * *
 米国のバイデン政権が、プーチン大統領の精神状態の分析を最優先課題にしていると米メディアが報じたのは3月1日。プーチン氏が「妄想に陥り、追い詰められると暴発する危険性のある指導者」と米情報機関が解析したという。ウクライナへの攻撃は激化しているが、プーチン氏は本当に妄想に陥っているのだろうか。

 2015年にアスペルガ―症候群の可能性も指摘されていたプーチン氏。その彼が、「変わってしまった」というコメントを目にしたのは今年2月のことだ。2月7日、クレムリンでプーチン氏と会談したフランスのマクロン大統領が、こんな言葉を側近に漏らしたと報じられていた。「彼は3年前とは別人になってしまった。頑固で孤立している」。

 ロシアのウクライナへの侵攻が始まると、マルコ・ルビオ米上院議員は自身のツイッターに「プーチン氏は明らかに何かおかしい」とコメント。英インディペンデント紙にも「いくつかの神経学的、心理的問題を抱えているようだ」と述べたという。米国では政治家を中心に、「プーチン氏は変わった、おかしい」という声が上がっていく。プーチン氏が核の使用について言及したため、「常軌を逸している」と思われたのだ。

 一方、ジェームズ・クラッパー元米国家情報長官はCNNのインタビューで「プーチン氏は動揺している。彼の洞察力とバランス感覚が本当に心配だ」と述べ、8日には米下院の公聴会で、中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官が「プーチン氏は(現在の戦況に)怒り、いらだっている」という分析を明らかにし、同時に「精神状態は異常ではないと思う」と証言した。

 某情報番組にリモートで出演した元CIAの諜報員だというサイファー氏も、プーチン氏は変わったのではないかという質問にはっきりNOと答え、「20年間、彼は変わっていない」と言い切っていた。元外交官で作家の佐藤優氏も、文化放送のある番組でプーチン氏の行動について「暴走、独走じゃないんです」と述べている。

 さまざまな発言があるが、プーチン氏の精神状態が不安定になり、妄想に陥って暴走しているわけではないと私も考える。米の政治家らが「変わった」と言ったのは、自分たちにとって想定外の言動をするプーチン氏が理解不可能、制御不能になったと結論付けてしまえば、今の状況を理解しやすくなるという感覚があったのではないだろうか。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン