国内

小室圭さん「眞子さんとのセレブ生活に即適応」備わっていた上流階級の資質

ポニーテルではなくなったが髪は短くはない小室圭さん

NYでの眞子さんとの生活を始め、3か月経った小室圭さん

 米国ニューヨークに渡って3か月が過ぎた小室圭さん(30才)・眞子さん(30才)夫妻。その新婚生活は謎に包まれてきたが、ここにきて海外メディアが相次いで報じ始めている。

 住まいは、マンハッタンのミッドタウン・ウエスト。観光地としても有名なタイムズスクエアから約1kmという好立地の「ヘルズキッチン」と呼ばれる高級住宅街だ。2人で暮らすのは、弁護士や医師などの高給取りが多く住む24時間有人管理(ドアマン)付きの賃貸アパート。英タブロイド紙『デイリー・メール』によると「部屋は、寝室1つとリビングダイニングにシャワールームで70平米前後。洗濯機などの備え付けの家電製品は、ドイツのボッシュ製の最新機種。アパート共有部には、フィットネスジムとヨガスタジオ、映画上映ルームに屋外デッキまで設けられている」という。

 外出時のボディーガードは付けてはいないが、ある皇室ジャーナリストは「日本の警察庁からニューヨーク総領事館に出向した警察官たちが、2人の住むマンション周辺を見回りするなど、ある程度の警備体制は敷かれているようです」と話した。

 豪奢ではないが、充足のセレブライフといえる。

 小室さんが弁護士事務所に出勤している時には、眞子さんが1人で生活雑貨の買い物に出かける姿もたびたび目撃されている。「小室さんは3か月で少し太られたようにも見えますし、日本では決してできない自由な生活をお二人で謳歌されているようです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 実は、結婚前には多くの宮内庁関係者たちから「生活の格差」を懸念されていたという。「小室さんは長い間シングルマザーの一般家庭で育てられてきた。当然、皇族の眞子さんとの生活水準や経済観念の差は、あって然るべき」と、心配されてきた。

 しかし、前出の皇室ジャーナリストは「小室さんは、私立の国立音楽大学付属小から中高一貫のインターナショナルスクール、そして国際基督教大学(ICU)と、庶民というよりも上流階級といっていい教育を受けられてきました。また、長らく金銭トラブルがあった母・佳代さんの元婚約者男性の話では、成人式には帝国ホテルで記念撮影、誕生日には汐留の高層ビルのフランス料理店の個室で1人数万円の高級ディナーと、とことんセレブ志向でした」と語る。

 それだけではない。実際に3才から習ってきたバイオリンやピアノが得意で、2017年秋の婚約会見直後には、紀子さまからも「小室さんの優しいピアノの音色を聴きながら、心和むひとときを過ごしました」と、初対面時の感激を明かされていた。

「小室家の収入詳細は不明ですが、佳代さんが上手にやりくりをして、一人息子の圭さんをセレブ志向で育ててきたのでしょう。彼女の意識の高さは本当に凄い。結果として、圭さんにも、眞子さんと不釣り合いにはならないような振る舞いが身についていた、ということでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン