国内

小室圭さん、胸元見せシャツ姿は「決別宣言」?今後の生活へは「合格」が必須に

小室さんと眞子さん

ニューヨークの地で仲良く歩く小室圭さんと眞子さん(2021年11月)

 2月22日と23日、小室圭さん(30才)が2度目となる米ニューヨーク州の司法試験に挑戦した。昨年7月に受けた試験がまさかの不合格に終わり、再挑戦することになった小室さん。昨年の帰国時には長髪ポニーテール姿が話題になったが、今回の試験にもワイルドな姿で登場し、周囲を驚かせている。

 婚約内定会見から実に4年の時を経て、昨年ようやくゴールインした小室さんと秋篠宮家の長女・眞子さん(30才)。結婚に至るまでには、小室家の金銭トラブル、結婚関係の儀式の延期、小室さんの留学、秋篠宮さまからの苦言など、いくつも障害を乗り越える必要があったが、結ばれてなお不安定な状態は続いている。

 小室さんが司法試験に合格すれば2000万円を下らない年収が約束され、安定した生活を送れるはずだったが、合格率がおよそ7割の試験にまさかの不合格。再挑戦に賭けることになったが、その試験会場に小室さんはラフな長髪と胸毛をのぞかせたデニムシャツで登場した。

「小室さんの風貌といえば、大きな話題になったのが帰国時の髪型です。昨年秋、結婚を直前に控え、マスコミが彼を追い回す状況で、小室さんは長髪のポニーテール姿で帰国。ネット上では、その身だしなみが皇室に連なる人間としてふさわしいのかという議論が沸き起こりました。秋篠宮ご夫妻との面会時にはきちんと髪を切りましたが、今回再び長髪姿で登場。格好もかなりラフで、皇族という縛りから開放された喜びに満ちているかのようなスタイルでした。

 これまでの経緯を考えれば、試験会場の姿を撮られることは予想できたはず。それでも長髪姿でしかも胸元まであけたシャツ姿で登場したということは、“眞子さんのご両親や皇族の方々にどう思われても構わない”と考えているとも受け取れます。もし小室さんが容姿に無頓着だっただけでも、皇族として育てられた眞子さんは、そういった考えに至らないはずはありません。今回のワイルドなスタイルは、2人からの“皇族への決別宣言”と見ることさえできます」(皇室記者)

2022年2月、NY州の司法試験会場にあらわれた小室圭さん(『デイリー・メール オンライン』より)

2022年2月、NY州の司法試験会場にあらわれた小室圭さん(『デイリー・メール オンライン』より)

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン