国際情報

韓国新大統領「反米&反中」世論で信念なき漂流外交が始まる

勝利宣言した尹錫悦氏(Getty Images)

勝利宣言した尹錫悦氏(Getty Images)

 超接戦となった韓国大統領選挙(3月9日投開票)を制し、次期大統領に決まった保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏。歴代の保守政党は親米路線を敷いてきたこともあり、尹氏も3月10日にバイデン米大統領と電話会談し、訪米要請に「近く会いたい」と応じるなど、早速親米ムードを演出している。しかし、その姿勢は国民と温度差がある。韓国世論では「反米ムード」が日増しに高まっているからだ。元朝日新聞社ソウル特派員の前川惠司氏が語る。

「ロシアのウクライナ侵攻に対するバイデン大統領の弱腰な姿勢を見て、韓国内で『今の韓米関係で北朝鮮問題に対応できるのか』『いざとなったらアメリカは頼りにならないのでないか』との危機感が大きくなっています。今回の韓国大統領選では、尹氏が与党にもっと大差を付けて勝つと見られていましたが、蓋を開けてみればわずか0.7ポイント差での勝利でした。私は接戦となった要因の一つは、親米を打ち出す尹氏に対して不安視する層の票が、対立候補に流れたためだと考えています」

 仮に尹氏が世論の声に押されて、親米路線から方向転換することになれば、今度は中国へ接近する可能性が高くなると指摘されている。しかし、「親中路線」を打ち出すにしても、一筋縄ではいかない事情がある。韓国・漢陽女子大学助教授の平井敏晴氏が語る。

「2月4日の北京五輪の開会式での国旗掲揚セレモニーで、中国の少数民族『朝鮮族』代表の女性がチョゴリ姿で登場したことをきっかけに、韓国では反中感情が高まっているのです。尹氏と次期大統領を争った李在明氏も『文化の盗用』と中国を激しく非難していました」

 親米か親中か──尹氏はこの二項対立に悩むことになるかもしれない。コリア・レポート編集長の辺真一氏が語る。

「韓国は本来、親米反共国家ですから、尹政権は中国かアメリカという二択の時は、基本的にはアメリカを取るでしょう。しかし、政治信条がまったくない尹氏は、これから先、ちょっとしたことをきっかけにどちらにでも振れる可能性があります。そうして漂流する韓国に対し、日本はその時々の韓国の状況を冷静に見極めて、対韓外交を考えていく必要があります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト