国際情報

香港で同居女性のオウムを窒息死させた男性逮捕、賛否両論の論争に発展

ネット上では賛否両論を交えて論争に発展

ネット上では賛否両論を交えて論争に発展

 香港で、マンションで同居していたカップルの男性が、女性の留守中にペットのオウムを窒息死させたとして逮捕される事態になり、話題となっている。

 これについて、ネット上では「ペットのオウムを殺されたからといって、人間の男性を訴えるのは度が過ぎている」といった声がある一方、「オウムとはいえ、彼女にとっては大事なペットで人間以上の場合もある。動物逆は犯罪だ」と彼女を弁護するコメントも寄せられるなど、ちょっとした論争になっている。香港誌「東週刊」が報じた。

 事件のきっかけは、3月初旬の朝、2人のうち、どちらが料理を作るかについて口論になったことから。女性が仕事に出かけた後、男性は女性が可愛がっていたオウムに八つ当たりして、口をふさぐなどとして、窒息死させた。その後、男性も仕事に出たという。

 夕方帰宅した女性は鳥かごの中に横たわっているオウムをみつけ、すでに死んでいることを確認。男性の仕業と思い、警察に通報したという。

 警察は、現場に捜査員を派遣し、実況見分の上、男性から事情聴取したところ、男性がオウムを殺したことを自白したため、香港法第169条「動物に対する残虐な扱いの防止に関する条例」第3条に基づき、男性を逮捕した。

 この一件は、男性の知人らがネット上で「あまりにも理不尽な警察の対応だ」などと批判したことから拡散。「オウムとはいえ、生きる権利はある。動物の生命を奪うのは犯罪だ」などとの賛否両論を交えて、論争になっている。

 警察は「動物に対する残虐な扱いのいかなるケースも非常に真剣に受け止め、容認しない」とのコメントを発表。「香港の条例では、動物に対する残虐な扱いに対する最高刑は20万香港ドル(約300万円)と3年の懲役刑に処せられる。香港市民は動物に対する残酷な扱いの疑いのあるケースにもっと注意を払い、報告すべきである」としている。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン