芸能

世代を超えて歌い継がれる尾崎豊、没後30年 写真展に貴重な展示の数々

尾崎

1991年、名古屋国際会議場センチュリーホールのライブでの一枚(撮影/Teruhisa Tajima)

『15の夜』や『I LOVE YOU』『卒業』など、世代を超えて歌い継がれる名曲を多数生み出してきたシンガーソングライター尾崎豊。そんな尾崎が歩んできた26年間の道のりを写真や映像で振り返る展覧会が3月、東京・銀座にて開催される。

 1992年4月25日、26才という若さでこの世を去った尾崎。高校在学中にCDデビューし、10代の気持ちを代弁する繊細な歌詞で若者を中心に熱狂的な支持を集めた尾崎の訃報は、世間に衝撃を与えた。

 没後30年経ったいまでも、尾崎が作った楽曲の数々は昭和・平成・令和と3つの世代を超えて歌い継がれている。人々の心を掴んで離さない名曲たちは、どのようにして作られたのだろうか。尾崎豊とは、どういう人間だったのだろうか。

 そんな尾崎の歩んできた道、尾崎と人々が歩んできた道、そして人々がこれから尾崎と歩んでいく道を見つめ直し、語り合うための展覧会が3月23日より東京・銀座の松屋銀座にて開催される。会場には尾崎本人の写真のほか、生前愛用していた楽器や創作ノート、学習机など作業環境の写真や、プライベート写真、楽譜、セットリストなど貴重な資料が多数展示される。さらに、ライブ映像やパーソナルスタジオの再現セットも展示予定だ。日本が生んだ唯一無二のシンガーソングライターの生きた証を、ぜひその目に焼き付けてほしい。

【OZAKI30 LAST STAGE 尾崎豊展】
会期:2022年3月23日(水)〜4月4日(月)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
入場料:一般=1500円、高校生=1000円、中学生=800円、小学生=500円 ※未就学児無料

※女性セブン2022年3月31日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト