東京で海老蔵の車に乗り込んでいくB美さん

東京で海老蔵の車に乗り込んでいく姿も目撃されたB美さんは、海老蔵とホテルの同じ部屋に入った

 一方、活動は独自の路線を歩む。歌舞伎座(東京・中央区)の舞台に上がる機会は少なく、代わりにお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(41才)がプロデュースした絵本をもとにした「プペル歌舞伎」など、“変化球”に力を入れ、歌舞伎関係者の中には眉をひそめる向きもある。

「その上、以前から熱心だったSNSには拍車がかかり、ブログは1日に何十回も更新。自身のYouTubeチャンネルで子供たちとの様子を配信し、最近はTikTok。ずっとスマホをいじり、SNSばかりやっている状態だそうです」(歌舞伎関係者)

 最近の海老蔵は周囲に「コロナもあるし、忙しくて人と会う時間がない」と漏らしているという。ところが、実態は異なるようだ。3月上旬のある日、海老蔵は都内の高級ステーキ店で仕事関係者とランチをとっていた。店を出た海老蔵の手には、ステーキ店のロゴが入った紙袋。歩いて近くにあるホテルの一室へ向かう。

 その直後、黒の革ジャンに黒のパンツというカジュアルな出で立ちのB美さんがその部屋へと入った。20代後半のB美さんは、ロングヘアを巻いてはいるが、前述したA子さんとは別の女性だ。

 それから1時間半後、ホテルから出てきたふたりは、海老蔵が運転する高級外車で走り去った。B美さんは、海老蔵から渡されたステーキ店の紙袋を大事そうに抱えていた。B美さんとはホテルなどでしばしば密会する仲だ。

 また別の日である。3月11日から3日間、海老蔵は福岡で地方公演を行った。公演前日の10日に福岡入りすると、夕方には本番会場での稽古に励んでいた。その頃、海老蔵が宿泊するホテルに、20代前半のC子さんがチェックインした。

 部屋は海老蔵と同フロアで、すぐ近く。やはりロングヘアの巻き髪ながら、少し幼さを残す顔立ちには、A子さんともB美さんとも異なる印象を覚える。フェミニンなグレーのロングコートの下に黒いロングベストを着て、胸元と右手にはシルバーアクセサリーが光る。

 稽古を終えてホテルに戻った海老蔵は、自分の部屋でひと息つく暇もなく、C子さんが待つ部屋へと消えていった。

「海老蔵さんは、SNSのメッセージ機能を使って一般の女性やインスタグラマー、TikTokerなどに声をかけて、会う約束を取り付けているようです。平たく言うと『SNSナンパ』で、多重交際をしているんです」(芸能関係者)

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン