国内

「生んでくれてありがとう」愛子さまの完璧会見 雅子さま忍苦の日々が報われた瞬間

初めての記者会見に臨まれる愛子さま(写真/宮内庁提供)

会見は14時過ぎに始まり、その映像は終了から数時間以内に公開された(写真/宮内庁提供)

長所は「どこでも寝られるところ」

 そして迎えた成年会見。愛子さまは会見の間、手元の原稿に目を落とすことなく、記者一人ひとりの目を見ながら自然体でお気持ちを語られた。

「記者の目を見て話すことは『緊張を和らげるコツ』として陛下から教わったと明かされました」(前出・皇室記者)

 時折挟まれるエピソードは、ユーモアにあふれていた。例えば、長所に関しては「事前にじっくりと考えてみた」と前置きしたうえで「どこでも寝られるところ」だと明かされた。また、ご両親との思い出については、海に浮かべたサーフボードに3人で座ろうとして「見事全員で落下した」とはにかまれた。

「両陛下譲りのユーモアセンスです。当初は緊張感が漂っていた会見場も、お話が進むにつれ、和やかな雰囲気へと変わっていきました」(前出・別の皇室記者)

 そして会見の終盤、その場で記者から尋ねられる“ぶっつけ本番”の関連質問を迎えた。プレッシャーのかかるであろう場面で、愛子さまは堂々とされていた。

「20才になったいま両陛下にどのようなことを伝えたいか」

 そう問われたとき、愛子さまは一つひとつの言葉をかみしめるように、次のようにお答えになった。

「両親にどのような言葉を伝えたいかというご質問でございますけれども、母の『生まれてきてくれてありがとう』という言葉に掛けて、私も『生んでくれてありがとう』と伝えたいと思います」

 会見の様子を近くで見守られていた雅子さまは、この言葉をどのように聞かれただろうか。

「雅子さまは皇室に入られてから、長く忍苦の時間が続きました。それでも、愛子さまが、晴れの成年会見という場で『生んでくれてありがとう』と感謝の言葉を述べられたことで、これまでのすべてが報われたような思いを抱かれたことでしょう。涙もろい雅子さまのことですから、感動の涙をこぼさずにはいられなかったのではないでしょうか」(前出・皇室記者)

 30分の完璧な会見を終えられた愛子さま。雅子さまは、思いがけない形で耳にした娘の言葉に、母としての幸福を感じられたことだろう。

※女性セブン2022年4月7・14日号

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン