芸能

小林麻耶が吐露した「異常な」妹・麻央さんへの愛 海老蔵批判の背景は

暴露を続ける小林麻耶と元夫・國光氏

暴露を続ける小林麻耶と元夫・國光吟氏

 フリーアナウンサーの小林麻耶(42)が、2017年6月に亡くなった妹・麻央(享年34)目線で書いたらしき“小説”をブログに投稿した。〈子供をブログのアクセス数アップのために使いYouTubeの再生回数アップのために子供を使い〉〈闘病中でも変わらずに数々の女と遊んでいたもんね〉などと糾弾し、〈れいかとかんげんには愛が必要なの たくさんの愛が必要なの おねーちゃんに預けて〉と子どもたちの処遇について訴えている。

 その後、〈お手紙を預かりました〉と再度ブログを更新。〈皆様今日は姉のブログに来てくださりありがとうございました〉と挨拶しており、どうやら“天国の麻央さんから預かった手紙”ということらしい。〈麗禾勸玄は姉の元で育つのが一番だと考えております。なぜなら姉がこの世で一番私のことを考え、麗禾勸玄のことを考えいるからです〉(原文ママ)とあらためて主張した。

 亡き妹になりきってブログを書くとは一見不可解な行動だが、そこには麻耶が持つ“特殊能力”が関係しているらしい。

「現在の麻耶さんは、スピリチュアル系の情報発信に力を注いでいます。本人いわく、チャネリング(交信)などの特別な力を持っているそうで、ご先祖様や亡くなった方からもメッセージを受け取れるそうです」(芸能記者)

 麻耶と麻央は、芸能界でも有数の仲良し姉妹で、成人してからも一緒にお風呂に入っていることを公言していた。麻央さんが亡くなった翌年に上梓したエッセイ『しなくていいがまん』(サンマーク出版)の中で、麻耶は自身を「わたしは少し『異常な姉』」と評している。同エッセイでは、「何をするにも妹が優先」という麻耶の妹に対する愛情がたっぷりつづられている。

 姉妹でストーカー被害に遭ったときも、麻耶はあくまで妹を気遣った。

〈社会人になってから姉妹揃ってストーカーに狙われるという事件がありましたが、「誰かが襲ってきたら、私が麻央ちゃんの前に飛びだしていって死ぬ。麻央ちゃんが誘拐されたら交換してもらう」と真剣に言っていました〉(前掲著より。以下、〈 〉内は同)

 麻耶にとって、麻央は命をかけても惜しくない存在だった。

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン