国際情報

プーチン氏「女性の美貌」を利用したイメージ戦略 筆頭は「美しすぎる検事総長」

「美しすぎる検事総長」として話題になったナタリア・ポクロンスカヤ氏(写真/AFLO)

「美しすぎる検事総長」として話題になったナタリア・ポクロンスカヤ氏(写真/AFLO)

 ウクライナ侵攻で世界の注目が集まるロシアのプーチン大統領。様々な角度からその精神構造の分析が進められているが、同氏が重用してきた女性たちからも、その人物像の一端が浮かび上がってくる。

 政界には、プーチン氏を支える女性たちの存在がある。ロシア政治が専門の中村逸郎・筑波大学教授が言う。

「美女を重用し、彼女たちがロシアやプーチン氏の対外的なイメージ戦略を担ってきました」

 その筆頭は、元クリミア自治共和国検事総長のナタリア・ポクロンスカヤ氏(42)だ。2014年のロシアによるクリミア編入時の記者会見は全世界に配信され、「美しすぎる検事総長」として時の人となった。

「日本でも大人気で、彼女を描いた美少女アニメ風のイラストが話題になりました。その美貌をプーチン氏が利用した側面はあるでしょう」(中村氏)

 ただし、ウクライナ侵攻についてポクロンスカヤ氏は、「私たちは親戚。武器を持ってはいけない」とSNSで平和的解決を訴えている。

 対照的に「我々は平和を守り、悪と戦う国であり、国民だ」「空爆はウクライナ政府側が我々のせいにしている」などとプーチン氏擁護を繰り返すのは、ロシア外務省初の女性報道官であるマリア・ザハロワ氏(46)だ。

 昨年5月、ソチで行なわれたASEAN首脳会議の夕食会でロシアの民族舞踊「カリンカ」を披露し、「踊る美人報道官」として名を馳せた。

 そんなソフトイメージを一変させたのが、今回のウクライナ侵攻だ。

「ザハロワ氏は舌鋒鋭く西側諸国を批判し、ロシアの言い訳ともとれる後付け的な発言をガンガン繰り返しています。プーチン氏以上に言葉が激しく、ロシアの一方的な主張を強く発している。さすがに今回は機能していないとはいえ、女性で、しかも美人なら主張が受け入れられやすいというプーチン氏の計算があるとみられます」(中村氏)

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン