芸能

女優・田中真琴「がんステージIVのママに問われた結婚観」

田中真琴

『ママがもうこの世界にいなくても』について語った田中真琴

 青森県出身の遠藤和(のどか)さんは、21才で大腸がんステージIVを宣告され、22才で結婚、23才で娘を出産。娘の1才の誕生日を見届け、2021年9月に24才でこの世を去った。女優の田中真琴さん(27才)は、和さんの日記をまとめた『ママがもうこの世界にいなくても』に「怖いくらい引き込まれた」という。「同世代に彼女の言葉を届けたい」と語る彼女に話を聞いた。

 * * *
『ママがもうこの世界にいなくても』を読み始めたのは、夜も遅くなってから、23時も過ぎていた頃でした。

 もちろん最初は一人の読者として読んでいました。でも、気づいたら、昔なじみの友達からLINEで、その日にあったことの報告を受けるような気持ちになっていました。この本が日記形式だからかもしれません。著者と読者というよりも、もっともっと近い距離で、話を聞いているようなイメージです。「大変なんだね」「大丈夫だよ」と心の中で相づちを打ちながら読み進めたら、もう止まらなくて、3時間超かけて夜中に一気読みしました。

 胸が締め付けられるようなシーンもあったけれど、励まされるシーンもたくさんあった。のめりこんだぶん、つらくて、悲しかったです。次の日は夕方くらいまでお腹が空かなかったな……。

 闘病記は、これまで何冊か読んだことがあります。だけど、ここまで私と共通点が多い方の本は初めてでした。和さんは、私と同じで「結婚したい」「子供が欲しい」という思いを持っている、同世代の“普通の女の子”でした。でも、突然のがんの宣告。自分ががんになるなんて考えたこともなかったけれど、まるで自分の身に起きたことのようにリアルに感じられました。

 がんと診断されたときに、すでにステージIVというのは、本当に悔しかったと思います。私も和さんの影響で、少しでもどこかに痛みを感じたらすぐに病院に行くようになりました。この間も、夜眠れないくらい肩甲骨の下が痛んだので、怖くなって診察を受けたんです。結果はただの筋肉痛だったので大したことなかったんですけど、それでもホッと
しました。

 自分の住んでいる地域の健診センターの予約もしました。「まだ若いから」とか言っていないで、健康診断はとにかく定期的に受けたほうがいいと感じたんです。

 先述したように私は結婚したいと思っているのですが、結婚観も揺さぶられました。

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン