ライフ

元ソニーCEO・出井伸之氏が説く「会社にも定年にもしばられない生き方」

「会社にも定年にもしばられない生き方」について語る元ソニーCEO・出井伸之氏

「会社にも定年にもしばられない生き方」について語る元ソニーCEO・出井伸之氏

「生涯現役時代」といえば聞こえがいいが、60歳を超えて仕事にやりがいを感じる人は少ないはずだ。どうしたら年齢を重ねても輝く働き方ができるのか。著書『人生の経営』を上梓したばかりの、元ソニーCEO・出井伸之氏(84)が唱える「会社にも定年にもしばられない生き方」に耳を傾けよう。

 * * *

リタイアするつもりはない

 最近、「還暦からの生き方」や「老後の心構え」を説く本が多いようです。リタイア後の余生をどう過ごしていくか、それはそれで大きな問題だとは思いますが、僕の関心はそこにはありません。まだまだリタイアするつもりがないからです。

 僕は84歳になりましたが、いまだに現役ビジネスマンです。体調が続く限りは、仕事を続けていきたいと思っています。

 そして多くの人たちと話していて思うのは、みな本当はできる限り仕事をやり続けたいと考えているのではないかということです。

 でも働ける場所がない、今の時代に対応できるスキルがない、そう思い込んでいる人も多いようです。果たして本当にそうでしょうか。今までしっかりとしたキャリアを積み重ねたビジネスマンであれば、きっと輝ける場所は見つかるはずだ、僕はそう考えます。

 僕は1960年に、当時はまだ小さなベンチャー企業だったソニーに入社し、1995年に社長に就任しました。井深大さんと盛田昭夫さんという2人の創業者がいて、そのあとを継いだ岩間和夫さんは「第三の創業者」と言われる方でしたし、次の大賀典雄さんにも「自分までが創業者世代」という自負がおありだった。

 僕は事実上、ソニーで最初の新卒入社のサラリーマン経営者だったわけです。1999年に社長兼CEO(最高経営責任者)になり、翌年には会長兼CEOとなりましたが、2005年に退任しました。

 おかげさまで古巣のソニーは今、業績がよく、2022年3月期の連結営業利益は1兆円に届く勢いです。一時期、ソニーの業績が低迷した頃には批判の声もありましたが、今では僕のところにも「すごいですね」「よかったですね」という声や、「出井さんの改革がようやく実を結んだんですね」といった嬉しい評価をいただきます。しかし、僕はすでにソニーを離れた身です。

 CEOを退任して、それまでの“すべてはソニーのために”という「ソニーファースト」から解き放たれたと思いました。目の前の視野が一気に広がり、新しい視点で日本の将来に貢献できることはないかと考えました。ソニーの肩書きを捨てて、新しいチャレンジをしようと思ったんです。

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン