ライフ

藤井聡太竜王の少年時代を支えた家族の物語 開場1時間前に親子で並ぶ姿の目撃談も

大会表彰式にて笑顔の藤井少年(前列右が当時の藤井竜王、左端が伊藤五段。後列にはゲスト棋士だった森内俊之九段の姿も)

大会表彰式にて笑顔の藤井少年(前列右が当時の藤井竜王、左端が伊藤五段。後列にはゲスト棋士だった森内俊之九段、高見泰地四段(現・七段)の姿も)

 今年に入って渡辺明名人(37)から王将を奪取し、「鬼のすみか」と言われるB級1組から1期抜けでのA級入りを果たすなど、快進撃を続ける藤井聡太竜王(五冠19)。そんな藤井竜王の少年時代を支えたのは、家族の温かなサポートだった。

 遡ること10年前。2012年1月に小社主催で開かれた「第9回小学館学年誌杯争奪全国小学生将棋大会」に藤井親子の姿はあった。会場は東京・神保町の小学館本社の裏にある一ツ橋センタービルの12階。参加費は無料ではあるものの交通費は自己負担のこの大会に、藤井親子はわざわざ名古屋から駆けつけたのだ。

 会場を訪れていた勝又清和七段(53)は、対局に挑む当時9歳の藤井少年とともに母・裕子さんの姿も印象に残っていると話す。

「小学3年生の部の準決勝で藤井さんが同い年の伊藤匠さん(現・五段)に敗れ、悔しくて声を上げて泣いていたとき、お母さんは落ち着いた様子で後ろから見守っていました。藤井さんは10歳で奨励会に入るまでは負けるとほとんど泣いていたようなので、見慣れていたのでしょう。ものすごく平然としていて、驚いたのを覚えています」

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン