芸能

さんま、志の輔が登場した桂雀々独演会 高田文夫氏「ライブの幸せ」を実感

高田文夫氏の友人芸人・桂雀々

高田文夫氏の友人芸人・桂雀々

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、幼少期の苦労を笑い飛ばす男、桂雀々についてつづる。

 * * *
〈まん防〉解除後、初の週末に大阪は新歌舞伎座へと“さんぽ会”の仲間と行ってきた。あの日、業界的には少しさわぎになった私の“心肺停止8時間”からこの4月11日で10年なのだ。個人的な話で申し訳ありません。あれは2012年。“高田復活10年”ということもあって少し足を延ばしてみようかというわけだ。

 ICUに3か月いて、表に出て歩き出したのは杖を頼りに2000歩がギリギリ。仲間のサポートとリハビリもあってよくぞここまでと松村邦洋以外のメンバーにはお礼。誰が言ったか『ラジオリハビリー昼ズ』である。一曲目は勿論『私のハートはストップモーション』。

 今回目指すは「芸歴45周年記念公演 桂雀々独演会」。彼の人柄だろう、ゲストも気持ちよくやって来て3月26日(土)昼と夜は立川志の輔。27日(日)は昼夜明石家さんま。

 雀々は私の数少ない大阪の友人芸人で、毎年暮れに東京三宅坂の国立演芸場で開催する雀々の会に私も出て、ふたりで客前でイチャイチャトークをする〈チュウチュウネズミ会〉が吉例である。私のひとまわり下のネズミ年が雀々なのだ。スズメなのにネズミ。ギャラは勿論スズメの涙(ウソ、ウソ。家が建つほどもらっている)。

 この男の名著『必死のパッチ』にくわしいが、小さい頃母親がいなくなり、その後父親も姿をくらまし、小さなスズメは小学生なのに自炊し学校へ行き電気代を払った。そんな時に見たのが大バケした爆笑王、桂枝雀。なんだか分からない優しさも感じたのだろう。そこに父親像をみたのかもしれない。枝雀の元へ入門。師匠がいちばん大切にしていた名前“雀々”をもらう。幼少期の苦労をカラッと笑いで話す雀々が好きだ。この人なつっこさに東西の看板も新歌舞伎座へやって来た。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト