芸能

さんま、志の輔が登場した桂雀々独演会 高田文夫氏「ライブの幸せ」を実感

高田文夫氏の友人芸人・桂雀々

高田文夫氏の友人芸人・桂雀々

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、幼少期の苦労を笑い飛ばす男、桂雀々についてつづる。

 * * *
〈まん防〉解除後、初の週末に大阪は新歌舞伎座へと“さんぽ会”の仲間と行ってきた。あの日、業界的には少しさわぎになった私の“心肺停止8時間”からこの4月11日で10年なのだ。個人的な話で申し訳ありません。あれは2012年。“高田復活10年”ということもあって少し足を延ばしてみようかというわけだ。

 ICUに3か月いて、表に出て歩き出したのは杖を頼りに2000歩がギリギリ。仲間のサポートとリハビリもあってよくぞここまでと松村邦洋以外のメンバーにはお礼。誰が言ったか『ラジオリハビリー昼ズ』である。一曲目は勿論『私のハートはストップモーション』。

 今回目指すは「芸歴45周年記念公演 桂雀々独演会」。彼の人柄だろう、ゲストも気持ちよくやって来て3月26日(土)昼と夜は立川志の輔。27日(日)は昼夜明石家さんま。

 雀々は私の数少ない大阪の友人芸人で、毎年暮れに東京三宅坂の国立演芸場で開催する雀々の会に私も出て、ふたりで客前でイチャイチャトークをする〈チュウチュウネズミ会〉が吉例である。私のひとまわり下のネズミ年が雀々なのだ。スズメなのにネズミ。ギャラは勿論スズメの涙(ウソ、ウソ。家が建つほどもらっている)。

 この男の名著『必死のパッチ』にくわしいが、小さい頃母親がいなくなり、その後父親も姿をくらまし、小さなスズメは小学生なのに自炊し学校へ行き電気代を払った。そんな時に見たのが大バケした爆笑王、桂枝雀。なんだか分からない優しさも感じたのだろう。そこに父親像をみたのかもしれない。枝雀の元へ入門。師匠がいちばん大切にしていた名前“雀々”をもらう。幼少期の苦労をカラッと笑いで話す雀々が好きだ。この人なつっこさに東西の看板も新歌舞伎座へやって来た。

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン