芸能

芸人で絵本作家 二足のわらじの田中光「絵を描くきっかけになった」先輩芸人の金言

ババババーン!(『ねこいる!』より)

(たなかひかる『ねこいる!』より)

──『ねこいる!』の売れ行きが好調です。大人が読んでも面白い内容ですが、なぜ「猫がいるだけ」というユニークな絵本を描くことになったのでしょうか?

田中:「猫がいっぱいいたらなんか面白いな」と思って、オカリナの穴から猫がピョンピョン顔を出している落書きを描いたことからスタートしました。穴から猫が顔を出していたら可愛いですし、なんか面白いじゃないですか。で、絵本というのはそういう「なんか面白い」がやれる場所だと思っているんですよ。

 漫才やコント、ギャグ漫画だと「ここがこうだから面白い」ってちゃんと説明が入っていないとなかなか喜んでもらえないんです。もしくはツッコミを入れて「ここは面白いですよ」ってフラグを立てる必要がある。多くのギャグ漫画はツッコミだらけですよね。それは物語のテンポがあるから仕方ないことでもあるんですが、そういった説明やツッコミを省きたいという気持ちがずっとありました。

 絵本だとそれができます。逆に「いや、オカリナから猫が出てくるわけないやんけ!」ってツッコミを入れてしまうと、面白くない。そうではなくて、猫がたくさん出てくるなんか変な状態、そこから生まれる「なんか面白い」という現象そのものを打ち出したい。ツッコミや説明ではなくて、現象そのものを描きたいと思っているんです。

海外でウケるお笑いのかたち

──ある種のお笑いは、漫才やコントではなく、絵本の方がよりよく表現できるということでしょうか?

田中:漫才やコントだとあまり面白がってもらえないタイプの笑いもあります。それに日本のお笑いを海外に輸出することも難しい。そうした状況は変えていきたいと思っていました。日本のギャグ漫画を英訳してアメリカに持って行ったとしても、おそらく面白がり方をなかなか理解してもらえないと思うんです。そもそもの文化が違うので。

 海外でウケるお笑いとなると、アメリカならもともとアメリカ人を笑わすために作られたものである場合が多い。僕としては、日本で作られたお笑いの発想をグローバルに届けるために、いわゆるお笑いとは異なるフォーマットでアウトプットしようと考えていて、それで絵本を描いているところがあります。見た目は絵本ですけど、発想としてはお笑いをもとに作っているんですね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン