スポーツ

佐々木朗希 高校最後の夏に投げさせなかった、大船渡高校監督「英断」の真実

佐々木朗希の高校時代を振り返る(時事通信フォト)

佐々木朗希の高校時代を振り返る(時事通信フォト)

 ロッテ3年目の佐々木朗希(20)の衝撃の快投が、絶賛の嵐となっている。メディアは大船渡高校時代、甲子園行きが懸かった試合で連投回避のため佐々木を登板させなかった指導者も称賛する。だが、当時の判断は、決して単純な“美談”として片づけられるほど、生やさしいものではなかった──。ノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。【文中敬称略。前後編の前編】

 * * *
 千葉ロッテの佐々木朗希が20歳という史上最年少で完全試合を達成した翌日、私は「令和の怪物」が東日本大震災以降に過ごした岩手県の大船渡市に向かった。

 3月に起きた地震の影響により福島・仙台間の新幹線が不通となり、沿岸部に位置する大船渡は陸の孤島になっていた。それでも私を駆り立てたのは大船渡高校監督・國保陽平の存在だ。

 教え子が完全試合に加え13者連続三振という新記録を打ち立てたというのに、國保の談話は一切聞こえてこなかった。私が学校側に問い合わせても、応対した教頭はつれなくこう答えるのみ。

「もううちの生徒ではありませんから、すべてのメディアに対しコメントは出しません。國保とも電話をおつなぎすることはできません」

 ただ、拒まれるほど私の足は國保に向く。2年半前もそうだった。これまでの取材のやり取りからして、私には口を開くのではとの期待もあった。

 しかし、大船渡に到着し、現在も同校で外部コーチを務めている新沼丞(60)を訪ねると、衝撃の事実を知らされた。

「あの騒動後、多くのクレームが学校に寄せられ、OB会からも監督の交代を求める動きがあった。それが関係しているかわかりませんが、昨年の夏をもって、國保さんは監督を辞めています。練習にも顔を出してこなかった。野球部に居づらかったのかもしれません」

 私は言葉を失った。高校卒業からわずか2年あまりで達成した佐々木の完全試合は、国民的論争となった國保のあの日の決断が正しかったことを証明したとも言える。

 それなのに当事者は既に監督を退いていた。

 2019年の夏、佐々木を擁した大船渡は35年ぶりの甲子園を懸けて岩手大会決勝に臨んだ。ところが、花巻東との試合で國保は佐々木をマウンドに送らなかった。2対12と大敗したあと、二重三重の報道陣に囲まれた指揮官は、顔を紅潮させながら理由を明かした。

「故障を防ぐためです。ここまでの球数、登板間隔、気温……投げられる状態にあったかもしれませんが、私が判断し、投げさせませんでした。もちろん、私が『投げなさい』と言えば、本人は投げたと思うんですけど、私にはその判断ができませんでした」

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン