スポーツ

怪物・佐々木朗希、セ6球団はなぜ「ドラフト1位」指名しなかったのか

まさに怪物としか言いようがない結果だ(時事通信フォト)

まさに怪物としか言いようがない結果だ(時事通信フォト)

 世界史上初の大記録は幻に終わった。ロッテ・佐々木朗希が4月17日の日本ハム戦に先発し、8回まで走者を1人も出さない完全投球。4月10日のオリックス戦でNPB史上最年少となる20歳5か月で完全試合を達成したのに続き、メジャーでも前例がない「世界史上初」となる2試合連続完全試合達成の期待がかかったが、9回のマウンドに姿はなかった。

 8回まで102球を投げて降板。打者24人に14奪三振の快投を見せていた右腕に何があったのだろうか。スポーツ紙デスクはこう話す。

「前回の完全試合に比べて調子は良くなかった。逆球も何球かありましたし、フォークの落ちが甘い球も見られた。それでもパーフェクトに抑え込むあたり次元が違いますが……。球数を考えると『9回もいかせてよかったのでは』という声がありますが、打線の援護がなく0-0で投げ続けていたので、精神的な疲労は相当あったと思います。完全試合を達成した次の登板で疲れがなかったと言ったらウソになる。気温も15度近くと冷え込んでいましたし、肩や肘にも負担がかかるでしょう。長いシーズン、佐々木の野球人生を見据えて首脳陣は交代を決断したのだと思います」

 常時160キロ近い直球と150キロ近いフォークで、制球力もまとまっている。スライダー、カーブの制球を磨けば、さらに進化するだろう。現時点でもダルビッシュ有(パドレス)、大谷翔平(エンゼルス)に匹敵、ともすれば上回る投球を見せている。米国メディアが「佐々木をメジャーでいつ見られるのか」と注目するのも当然だろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト