ビジネス

広告宣伝をしないキーエンス “日本一高い給料”を可能にする経営方針

1990年代に珍しく取材を受けた当時の滝崎武光氏(写真/AFLO)

1990年代に珍しく取材を受けた当時の滝崎武光氏(写真/AFLO)

基本的に取材は受けない

 では、この高収益企業を一代で築いた滝崎氏とは、どんな経営者なのか。

 兵庫県立尼崎工業高校を卒業後、外資系のプラント制御機器メーカーに勤めた後、20代で二度起業したが失敗し、三度目の正直で27歳のときにリード電機(現キーエンス)を起業した。当初は大手が手がけないニッチ製品を製造していたが、自動車工場などで使う検出センサーの大ヒットでジャンプアップし、センサー業界のトップへと同社を導いた。

 キーエンスは日本有数の企業であるにもかかわらず知名度が低いのは、製品が一般消費者と無縁の工場向けで、テレビでCMを流す必要がなく、広告宣伝は要らないと割り切っているからだ。それが営業利益率の向上にも寄与している。

 企業のイメージアップのために、滝崎氏がメディアに露出することも滅多にない。そのため滝崎氏については、人物像が謎に包まれているが、1990年代に滝崎氏にインタビューをした元『フォーブス日本版』編集長の小野塚秀男氏は、当時の印象をこう振り返る。

「基本的にマスコミの取材を受けないスタンスの方で、“冷徹な合理主義者”という評判も聞いていたのですが、大雪で取材が一回飛んだにもかかわらず、『あの日は大変でしたね』と労っていただき、取材に対しては物腰柔らかく、非常に丁寧に対応していただいた」

 滝崎氏の経営方針は独特である。キーエンスの元営業社員(1987年入社)で、中小企業診断士の立石茂生氏は、社員時代をこう振り返る。

「社員全員の負荷を同じにするという考え方が貫かれていました。営業所は全員の目が行き届く20~30人に抑え、パーティションなどの仕切りもなかった。サボるのを許さない一方、本社も営業所も全員、残業するんですが、21時でみな帰っていた。そういう意味でも“同じ負荷”なんです」

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン