スポーツ

独立リーグ指導者転身の藤井秀悟 中日・ウッズに右フック浴びた「乱闘劇の真相」語る

女房役だった古田への想いを明かす

女房役だった古田への想いを明かす

 ヤクルト、巨人など現役時代に4球団でプレーした藤井秀悟(44)は現在、関西独立リーグ・06BULLS(本拠地・大阪府東大阪市。以下、ブルズ)でゼネラルマネジャー(GM)補佐兼投手コーチを務めている。その藤井が、NPBと大きく違う環境のなかで、自身の現役時代の印象深い場面を振り返り、今後の展望を語った。【前後編の後編、前編から読む

 * * *
 2014年に現役引退し、巨人、DeNAで打撃投手、球団広報を務めてきた藤井だが、指導は初めて。ブルズの選手たちは向上心旺盛で素直だというが、一方でこんな戸惑いもあったという。

「今はYouTubeで情報を得られる時代じゃないですか。だから動画の内容をすぐに取り入れてしまう。YouTubeはもちろんプラスになる部分も多いですが、選手個々の体格は違うし、体の使い方も違うので、そのまま自分に当てはめてもうまくいくわけではない。話し合って取り組んでいくと決めたことが数日で元に戻っている時があるので、もう一度伝える事があります。そこは根気強く……ですね。こうしようと決めたことを、ある程度の期間やり続ける姿勢は大事だと思う。ダメだったらやめればいい。でもその時に効果が出なくても、あとで『あっ、こういうことだったんだ』って納得できる時があるから。その時間は決して無駄じゃない」

 藤井は「教わったことを鵜呑みにしてほしいわけではない」と強調する。現役時代に複数のコーチに言われたことを聞きすぎて、才能が消えてしまった選手を何人も見てきたからだ。教わったことを自分の中でどう取り入れていくか。藤井は「僕の現役時代は直球が遅いし、凄い変化球があるわけでもない。ただ教わったことのアレンジ能力は高かったと思う」と現役時代を振り返る。

 ヤクルトに入団時は、試合に使える球種が直球とカーブのみ。「先発をしたいなら球種を増やしたほうがいい」と名捕手・古田敦也に助言を受け、ハッカミーにチェンジアップ、島田直也にスライダーを教わりにいった。後輩の石川雅規、川島亮にもそれぞれ曲がり幅の違うカットボールを学んでいる。変化球の投げ方を教わると、マジックペンでボールに握り方を書いて投げたこともあった。微妙に握りを変えたり、リリースの感覚を変えたり……。1つの球種をコツコツと磨いていく作業が好きだったという。現役時代の後半は直球の平均球速が140キロ前後だったが、プロ入り後に身につけた多彩な変化球でアウトの山を重ねた。

 2年目に最多勝を獲得するなど、プロ15年間の通算成績は83勝81敗2ホールド、防御率3.77。「尻すぼみの野球人生ですよ」と自嘲気味に語るが、通算勝利数は「77年世代」でトップだ。ダイエー・ソフトバンクの絶対的エースとして活躍した斉藤和巳の通算79勝を上回る。4度の左ひじ故障を乗り越え、ヤクルト、日本ハム、巨人、DeNAを渡り歩いて積み重ねた立派な数字だ。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン