芸能

中川翔子「36才ランジェリー写真集が田中みな実超えか」逆襲のアイドル人生のなぜ

車はベンツ(レンタル)

昨年には水着も披露したしょこたんが写真集を出す(写真は2021年)

 芸能人YouTuberとしても、すっかり人気を確立して、現在のチャンネル登録者数は約85万1000人(4月21日現在)。いよいよトップYouTuberの証し、Googleから金の盾を授かることができる登録者数100万人まで、あと少しに迫ってきたのは、しょこたんことタレントの中川翔子(36才)。そのYouTubeでビキニ姿を披露して大好評を得た勢いで、10年ぶりの写真集制作も決意した。

 3月16日にAmazonと楽天で予約をスタートさせると、6月発売にもかかわらず、いきなり売上ランキング1位となった。本人も「レベル36(36才)にして写真集が出せること自体がミラクルなのに、すごい反響で感謝です」と大喜び。SNS上では「田中みな実超え」とまで期待される状況になっている。

 ある雑誌のグラビア編集者は「田中みな実さんが33才で出した写真集は60万部の売り上げで、最近20年間でナンバーワンだった乃木坂46時代の白石麻衣さん(29才)も超えて、大きな話題になりました」と振り返る。田中超えを期待する声もあるが、中川にもそれだけファンが多いということだ。

 きっかけは、昨年8月に『100億年ぶりの水着…。恥ずかし過ぎて泣きそう…。』とのタイトルで、YouTubeで公開した動画だった。ある芸能記者は「子供のころから遊びに行っていたという思い出の江の島ロケで、ビキニ姿を披露したところ、Eカップとバストと細いウエストのナイスバディーで視聴者を驚かせました。すぐにバズって、今までで1216万回再生(4月21日現在)。一気にグラビア需要が高まりました」と振り返った。

 もともと、ゲームやアニメなどの趣味を生かしたタレント活動で20年やってきた。「2004年からブログを始めて、まだ『オタク』というジャンルが今ほど一般的でなかった時代から、誰よりも早く堂々と発信してきた先駆者。造詣が深く、こだわりの強いサブカルチャーファンからも一目置かれる存在であり続けました。セクシーなコスプレも喜んで披露してくれるので、グラビアファンからも支持されているわけです」(前出・芸能記者)

 4月16日にも、公式インスタグラムにメイド喫茶のコスプレ姿を披露すると、あっという間に「宇宙一かわいい」「ご主人様になりたい」「似合ってます」と絶賛コメントで溢れた。

「人気獲得のために好きなフリをする“ビジネスオタク”ではないからこそ、多くの人々に認められる。しかも、36才にしてのナイスバディーも、1年前からダイエットに取り組んでの成果という努力家。人気が長続きする確かな要因を幾つも持っているわけです」(前出・グラビア編集者)

 さらに、信ぴょう性の高かった熱愛報道は、20年でたったの1回。2014年に俳優の小澤亮太(34才)との交際が報じられたが、「デビュー12年目で、ようやくの初ロマンス。相手がしょこたんの大好きな戦隊ヒーローの元主演俳優ということで、ファンも祝福する珍しいパターンでした」(前出・芸能記者)

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト