国内

小室圭さんは「パラリーガルのままでもよいですよ」 秋篠宮は5年前に語っていた──衝撃のインタビュー録『秋篠宮』【第1回】

秋篠宮ご一家(写真/宮内庁提供)

秋篠宮ご一家(写真/宮内庁提供)

 米ニューヨーク州司法試験の壁はやはり高かった──。渡米から5ヶ月、二度目の試験不合格が明らかになった小室圭さんと、眞子さんの周囲がにわかに騒がしくなっている。滞在ビザの問題もあり、試験合格は急務である。7月の3度目受験合格に向け、もはや崖っぷちといっていい。それにしても、二人の前途は、いつしか小室圭さんの司法試験の合否とセットで語られるようになった。穏やかな新婚生活とはかけ離れた現実──父・秋篠宮の胸中はいかばかりであろうか。秋篠宮の意外な肉声を紹介したい。【全3回の第1回】

 * * *
「パラリーガルのままでもよいですよ」

 ジャーナリスト・江森敬治氏はいまから5年前、婚約内定報道の直後となる2017年6月、秋篠宮本人から、直接、この言葉を聞いた。江森氏は、秋篠宮とは30年来の付き合いがある。同氏は公式会見以外では極めて異例となるインタビュー録『秋篠宮』を、5月11日に出版予定だ。

 同書は、異例の退位に伴う改元から長女の結婚問題まで、激動の5年間の秋篠宮の胸の内を37回にわたる面談から描いている。改めて秋篠宮を取材し、その実像を描こうと思ったきっかけが、眞子さんの結婚問題だったという。

「世間で報じられる秋篠宮像と実際のそれの間にあまりにもギャップがありましたから」と江森氏は言う。

 パラリーガルというのは、弁護士の指示、監督のもとに法律事務にたずさわる仕事だ。婚約内定報道直後、小室圭さんが就いていたことで注目された。年収は300万円ほどと言われ、パラリーガルが定職ではない、もしくは眞子さんとは不釣り合いと指摘する論調まであった。

 しかし、秋篠宮は、パラリーガルという職について確認しようとする江森氏を不思議そうに見ながら、さらっと答えた。

「いまのお仕事が定職ですよ」

 そして、パラリーガルのままでもよいと続けるのである。

 江森氏からみて、秋篠宮は相手の男性の職業について、こだわりがないように見えたという。当初はニューヨークに二人で移住し、新たな生活を築こうという計画も江森氏は秋篠宮から聞いていなかった。

「年収や生活面についても、秋篠宮殿下は柔軟にお考えになっていた。例えば東京都心は家賃が高いので近県に賃貸マンションを探して住むといった具合に、とにかく工夫しながらやっていけばよいのではないか、と」

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン