国内

パスポートさえ持っていない 皇族は自由な恋愛も難しい──衝撃のインタビュー録『秋篠宮』【第2回】

自由な恋愛も海外旅行も難しい皇族がたはどう過ごされているのか(写真は眞子さんの結婚会見時/JMPA)

自由な恋愛も海外旅行も難しい皇族がたはどう過ごされているのか(写真は眞子さんの結婚会見時/JMPA)

 今から30年近く前の秋篠宮の言葉を、ジャーナリスト・江森敬治氏は最近よく思い出す。「学生時代に結婚相手を見つけないと結婚は難しいですよ」──これは紀子妃との馴れ初めについて語った際の発言だった。長女・眞子さんのケースとは、時代が違う。しかし、皇族の結婚を巡っては、ますますハードルが高くなっている状況があるという。江森氏が長年にわたって聞いてきた、秋篠宮の肉声を紹介する。【全3回の第2回。第1回から読む

 * * *
「外出すれば、皇族の動静は常にマスコミなどから注視されます。どこに行くにも警備担当者が付く。彼らの行動は、一般人と比べ、かなり制約されたものでしょう。普通に恋愛を楽しむことは、なかなか困難です」(江森氏)

 江森氏による秋篠宮本人へのインタビュー録『秋篠宮』(5月11日出版予定)でも、長女の結婚問題に紙幅が多く割かれている。だが、それはスキャンダルとは違った切り口である。

〈長女について述べるならどうしても触れておかなければならないことがある。結婚して民間人となった彼女には、離婚しても戻る家はないということだ。

 まず秋篠宮を名乗れない。姓はどうするのか。一般国民と同じく、「上手くいかなかったら離婚すればいい」という考えは通用しない。結婚の、いや離婚の「自由」すら彼女にないことを、私たちは一度冷静になって考えなければならない〉

 眞子さんが頑なに結婚へと進んでいった背景に、皇族の自由や人権を巡る問題があると、同書は指摘する。

 江森氏はあるとき、秋篠宮にこう聞いたという。

──殿下は、パスポートはお持ちでしょうか?

 答えは、こうだった。

「外交旅券が、そのつど発行されますね」

 それゆえ公的、私的を問わず外国訪問のたびに宮内庁を通じて外務省に申請し、外交旅券を発行してもらわなければいけないという。入国手続きなどがスムーズにいくように、外務省を通じて事前に訪問国に連絡し、調整してもらう必要があるのだ。

 もちろん、眞子さんにも結婚前にはパスポートはなかった。小室圭さんは長く米国に留学していた。会いたくてもすぐ米国に行けない。諸手続や経費などの問題に加え、彼女の場合だと、記者発表も考えなくてはいけない。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン