ライフ

深緑野分氏、新作は映画愛が募った長編 甘くてほろ苦い夢と技術を巡る物語

深緑野分氏が新作を語る

深緑野分氏が新作を語る

【著者インタビュー】深緑野分氏/『スタッフロール』/文藝春秋/1870円

 読む者をいきなり第二次大戦時の欧州戦線へと誘う『戦場のコックたち』など、その印象的な筆名もあって、「この人は何者?」と世の本読みを騒然とさせてきた深緑野分氏。彼女はその実、一時は映画界を本気で志した、大の映画好きでもある。

「私の場合は監督や俳優さん以上に特殊メイクや視覚効果に惹かれがちで、今回はそういう裏方さんたちの話を、欧米の映画界を舞台に書いてみました」

 待望の最新作、その名も『スタッフロール』にも、日本人はほとんど登場せず、まだ特殊効果=子供向けとされた戦後のハリウッドで夢を追い続けた特殊造形師〈マチルダ・セジウィック〉の半生と、ロンドンを拠点に活躍するアニメーター〈ヴィヴィアン・メリル〉、通称ヴィヴの現在進行形の日常を、全2部構成で描く。

 それはそのまま映画界の技術革新の歴史とも重なり、まだ女性映画人が圧倒的に少なかった時代から自らの名を作品に刻む日を夢に見、研鑽を積んだ、多くの魂が響き合う、甘くてほろ苦い、夢と技術を巡る物語である。

「うちは親が映画オタクで、週末は家にある大量のビデオ類を延々観て育ちました。その時は好きというより、怖い感じのほうが強かったですね。戦争とか殺人とか、映画って激しいことばかり起きるなあって。

 それが、幼稚園の時かな、セサミストリートの人形師、ジム・ヘンソンの『ストーリーテラー』を観て以来、話も面白いけど映像が面白いんだと気がついたんです。それからも小学1年生の時に観た『スター・ウォーズ』(後のエピソード4)、5年生で観た『ジュラシック・パーク』など、専ら特殊効果が特徴的な作品に衝撃を受けてきた私は、魔法とかそういうものを映画に求めていたんだと思います」

 1946年、軍が復員兵用に用意した兵舎で生まれ、ニュージャージー州郊外に育ったマチルダの場合は、2歳の時にりんご病に罹り、ベッドの中から朧げに見た影絵の記憶が、夢への序章となる。〈突然現れた“それ”は、まさに怪物だった〉

 彼女は後年、それが手で犬の顔を模した影絵であり、父の戦友で今は映画の脚本を書いている〈ロニー〉のいたずらだったことを知るが、〈とにかく形にしなければ。あの真っ黒い体の怪物を〉という衝動と、〈ハリウッドは夢の製造工場だよ。あそこでは、どんなことでも現実になる〉というロニーの言葉が、特殊造形師の夢を後押しすることになる。

 しかし、〈ハリウッドの黄金時代は終わったんだ〉と義肢製作者の父親は娘の夢を否定し、『ふしぎな国のアリス』を観て感激する彼女に〈パラパラ漫画〉を教えてくれた最大の理解者ロニーまでがマチルダの前から消えた。それでも両親に内緒で大学を中退した彼女は金を貯め、家出同然にNYへ。偏屈だが腕は超一流な特殊造形師〈アンブロシオス・ヴェンゴス〉に弟子入りし、映画背景も手掛ける画家の〈チャールズ・リーヴ〉や、メキシコ人の祖母を持つ大親友〈エヴァンジェリン〉等々、一生の縁となる人々と出会うのである。

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン