国内

平野貞夫氏から小泉進次郎氏へ「パフォーマンス政治の不十分さを学んでほしい」

小泉進次郎氏を平野貞夫氏はどう見るか(写真/共同通信社)

小泉進次郎氏を平野貞夫氏はどう見るか(写真/共同通信社)

 国内外で問題山積の日本の政界。しかし岸田政権や現役政治家たちの足取りは重い。政界の先達として、参院財政金融院長などを務めた平野貞夫氏(86)が小泉進次郎氏に向け提言する。

 * * *
 小泉進次郎は初当選以来、将来の総理候補だと持ち上げられて順調にキャリアを磨いてきました。しかし、先の総裁選で非主流派の河野太郎候補を推したことをきっかけに非主流派のポジションになり、精彩を欠いている。

 とはいえ、政治家は山や谷、浮き沈みがあるのは当然。こういう時期に何を考え、何を学ぶかが大切です。

 進次郎さんと私はほとんど接点がありませんが、実は、一つ因縁がある。

 2019年の年明け、日米財界人会議の議長を務められた槇原稔・元三菱商事会長に呼ばれ、「小泉進次郎を立派な保守政治家として育てたい」という話をされたのです。アメリカの知識人の親友から、日本の若手の保守系政治家が育っていないと言われ、進次郎さんにアメリカの本当の保守スピリッツを伝授し、育ててほしいと頼まれたということでした。進次郎さんがアメリカの大学に留学し、シンクタンクで働いていた時、その知識人がお世話をしたらしい。

 私は参院議員を引退するとき、後藤田正晴さんから辞めるなと言われたんです。「小泉純一郎が一番嫌いな政治家が平野だからだ」と。そんな覚えはなかったんですが。だから槇原さんに、父親に一番嫌われている私でよいのかと聞いたのですが、ぜひやってくれと。

 それで小沢一郎さんが会長を務めているジョン万次郎の会(財団法人ジョン万次郎ホイットフィールド記念国際草の根交流センター)でアメリカの草の根民主主義を学んでもらうのはどうかと考えたんです。党利党略ではない、本当のデモクラシーを学んでもらえるのではないか、と。

 副会長だった与謝野馨さんが2017年に亡くなり、空席になっていたから、槇原さんに関連書籍を託して進次郎さんの副会長就任を打診していただくことになった。そういう中で槇原さんがお亡くなりになり(2020年12月)、進次郎さんに打診がいったかどうかわかりません。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン