芸能

橋幸夫 人生で最もモテる時期に「はさみ将棋ばかりしていた」苦い思い出

いろいろと羽を伸ばしたい時期だったが…

いろいろと羽を伸ばしたい時期だったが…

 昭和を代表するスター・橋幸夫が、来年5月3日をもって歌手活動にピリオドを打つ―─。その知らせを聞いて居ても立ってもいられなくなったのが、『週刊ポスト』で「昭和歌謡イイネ!」を連載するクレイジーケンバンドの横山剣だ。激しく妖しくも華やかだった当時の芸能界のあれこれを、橋と横山が振り返る。【全5回の第4回。第1回から読む

 * * *
横山:地方の公演先では、それなりのお楽しみもあったんじゃないかと思うんですが。

橋:バンドの連中は、楽器を弾きながら、ずっと客席の女の子を品定めしてるわけ。ステージが終わると、即座にその子のところに駆けつけ、「夜の何時に、〇〇旅館に来てくれ」と逢引の話をパッパッとまとめちゃう。

横山:うわあ、役得ですね。バックのミュージシャンですらそれだけモテたのなら、主役の橋さんは、さぞかしウハウハだったんじゃないですか? 最高の10代ですね!

橋:いやいや、18や19だった自分が一番遊んだっていいはずなのに、そうは問屋が卸さなかった。

横山:えっ、うまい話はなかったんですか?

橋:付き人として、僕に同行していたのが、実の姉でして……。バンドのメンバーが「一緒に遊びに行こうよ」と誘ってきても、「絶対行っちゃいけません」と僕を止める。楽屋にだって、女の子なんかひとりも入れないんですから。その間、僕以外のみんなは、いろいろと羽を伸ばしていたみたいですけどねえ。

横山:その間、橋さんは何をしていたんですか。

橋:はさみ将棋をやっていました(笑)。私の青春、真っ暗ですよ。姉貴に見張られる生活は、都合4年間も続きました。その姉貴、おかげさまで80過ぎた今も、ピンピンしてますけど(笑)。

横山:お姉さんから解放された後は、自由を謳歌なさったことでしょうね。

橋:まあ、ご想像にお任せします(笑)。その頃からは、村田英雄さんを始めとする先輩方が、お座敷に連れて行ってくれるようになりました。

横山:楽しそうですね。

橋:いろいろと勉強させていただきました(笑)。それに比べ、最近の若いタレントはかわいそう。だって、マスコミの監視が厳しくて、人生で最もモテる盛りの時期に、自由に遊べないんだから。

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン