芸能

安達祐実、再婚8年目で別居 写真家夫との生活は冷え込み、母親と行動を共に

安達祐実と母

安達祐実は母と行動を共にすることが多い

「同情するなら金をくれ!」(1994年『家なき子』)から28年。私生活では離婚と再婚を経験し、現在は二児の母。酸いも甘いも知る大人の女性に成長した安達祐実(40才)が、再び夫婦の危機を迎えている。どうも今回は独特な夫婦関係が原因だというが──。

 春と呼ぶにふさわしいあたたかな日差しが降り注いだ5月初旬の午後、安達祐実は花柄のニットのセットアップという出で立ちで、5才の長男が通う幼稚園に向かった。安達の姿を見つけると、長男は勢いよく彼女に駆け寄る。手を繋いだ2人は安達の実家に立ち寄り、その後ひとりで出てきた彼女が向かったのは、夫と暮らすマンションとは違う建物だった。安達はその翌日も翌々日も長男や長女、母親と外出したが、やはり自宅には帰宅しない。

 新型コロナ対策のための行動制限がない3年ぶりのゴールデンウイーク。家族で出かける人も多いなか、安達は夫とは一度たりとも行動を共にしなかった──。

 安達といえば、4月頭まで放送されていた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)で、25年ぶりとなる朝ドラ出演を果たし、話題を呼んだ。

「昨年11月には30年在籍した事務所『サンミュージック』を退社し、信頼する30代のマネジャーと二人三脚で個人事務所を立ち上げました。テレビ出演はもちろん、映画、舞台出演など、仕事はすこぶる順調のようで、近年は再ブレークの到来といわれています」(テレビ局関係者)

 私生活では、2005年9月にスピードワゴンの井戸田潤(49才)と授かり婚。翌年4月に長女を出産したが、2009年1月に離婚した。

「結婚直後の2006年に井戸田さんが元カノとホテル密会している様子が報じられるなど、原因は井戸田さんの女遊びともいわれています。離婚に際して慰謝料の支払いはなく、長女の親権は安達さんが持つことになりました。

 井戸田さんが復縁を強く望んでいたこともあり、2年7か月後に再び同居を始めたときには、元サヤに戻ることも噂されましたが、当時の安達さんの気持ちとしては、井戸田さんは“父親としてはいいけど、パートナーとしてはダメ”という感じでした。1年ほどで同居を解消し、安達さんと長女は群馬の親戚の家で暮らし始めたのです」(別のテレビ局関係者)

 仕事のときには安達だけが上京するという生活を続けるなか、彼女に新たな出会いが訪れる。相手は2013年に出版したセミヌード写真集を撮影した、カメラマンの桑島智輝さん(43才)だった。2014年11月に再婚し、2016年7月には長男が誕生した。

「桑島さんは安達さんが子役として活躍していた頃からの大ファンで、ふたりきりで撮影するうちに親密な関係になっていったようです。桑島さんは彼女のことを“最高の被写体”と公言し、安達さんの妊娠中も写真を撮り続けていました。

 ふたりの関係はなんだか不思議でしたね。たとえばけんかして、安達さんが怒ると自分の撮影を禁止する。それが夫である桑島さんにとって最大の“罰”になるのだとか……(苦笑)。傍から見ていても、独特の雰囲気がありました」(安達の知人)

関連記事

トピックス

悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト