芸能

小倉優子の早大受験“新キャラ”獲得はメリットだらけ 落ちても高まるタレント価値

育児も出産もひとりきりという小倉優子

タレントとして受験挑戦はメリット多数

 来春の早稲田大学教育学部進学を目指して受験勉強に取り組み、その様子がTBS系バラエティ番組『100%!アピールちゃん』で密着されている小倉優子(38才)。3児の母として子育て中でもある小倉は、ブログやインスタグラムで子供たちとの日常や手料理を公開しており、忙しい日々の中で勉強に勤しんでいる姿が垣間見られる。

 かつては“こりん星”からやってきた“りんごももか姫”という設定の“不思議ちゃんキャラ”だった小倉だが、ここ数年は“ママタレント”として支持されるようになっている。

「“ママタレント”にとって、ブログやSNSは自分の存在をアピールするための重要なツール。そこで一生懸命子育てに取り組んでいる姿を見せれば、世の母親たちの共感を得ることとなり、芸能活動に大きなプラスになっていきます。

 ただ、ママタレントのSNSなどをチェックしているのは、実際に子育てに奮闘している女性が多く、表面だけのアピールだとすぐに嘘がバレてしまい、逆に叩かれることも多い。そういったシビアな目が向けられている中で、小倉さんは確実に支持を得ています。さらにインスタのフォロワーはここ最近で3万人も増えているし、今後もどんどん増えていきそう。ママタレントとしては“完璧”だと言えるかもしれませんね」(ネットメディア関係者)

 2011年にヘアメイクアーティストの男性と結婚し、2人の子供が誕生するも、2017年に元夫の不倫が原因となり離婚。2018年には歯科医の男性と再婚し、2020年に第3子を出産。しかし、第3子妊娠中に夫と別居状態となった。エンタメ事情に詳しいライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「夫婦関係にまつわる報道は、少なからずダメージもあったと思います。でも、早稲田大学受験挑戦を始めたことで、また注目度が高まるとともに、忙しい中で育児と仕事と受験勉強に取り組む姿が、新たな支持を生んでいる。“ママタレント”としてのイメージダウンを見事に回避したといえるかもしれませんね」

 小倉の長男は有名難関小学校に進学。子供のお受験でもしっかりと結果を残している。

「お受験は家族で取り組むものですが、それでもやはり幼い子供にとっては大きな負担になります。そういったなかで、今度は小倉さん本人が大学受験にチャレンジするのは、子供たちに勉強する姿勢を見せることにもなりますし、子供たちと一緒に大きな壁を超えていくことで得られるものも多いはず。そういった姿勢が、さらに同世代の母親たちの共感を呼び込んでいくのだと思います」(前出・ネットメディア関係者)

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン