ライフ

現地ルポ「本土復帰50周年」の節目を迎える沖縄 写真が語る歩みと現在

普天間飛行場:市街地の真ん中にあり“世界一危険な飛行場”と呼ばれる普天間飛行場。オスプレイのほか、CH-53大型ヘリやAH-1Z対戦車ヘリなど所属機が並ぶ。基地の約9割が米軍占領と同時に強制接収され空軍基地に。爆音と演習被害の危険にさらされている付近住民だけでなく地権者らも早期返還を望んでいる

市街地の真ん中にあり“世界一危険な飛行場”と呼ばれる普天間飛行場。オスプレイのほか、CH-53大型ヘリやAH-1Z対戦車ヘリなど所属機が並ぶ。基地の約9割が米軍占領と同時に強制接収された

 5月15日、沖縄は日本に復帰して50年の節目を迎える。戦乱に蹂躙された後に訪れた“平和”は、半世紀の歴史で何が変わり、何を変えることができなかったのか。

 沖縄にある米軍専用施設の総面積は1万8484ヘクタールにのぼる。国土面積わずか0.6%の沖縄に全国の米軍施設の約70.3%が集中する。米軍の駐留経費は毎年2000億円超が計上される「思いやり予算(同盟強靭化予算)」、すなわち日本側の負担だ。50年前の復帰当初は全国の米軍基地に占める沖縄の割合は約58.7%だったが、本土の整理・縮小に伴い、沖縄に移転した。

 復帰後、米ドルから日本円に通貨が切り替えられ、本土との往来にパスポート(身分証明書)が不要になるなど、沖縄は大きく様変わりした。映画やドラマなどの影響で1990年代には沖縄ブームが起こった。2018年度には観光客が1000万人を突破。観光収入も約7340億円と県民総所得の約15%を占めるまでに至った。県民の生活水準が徐々に向上する一方、米軍基地問題に加え、自衛隊基地問題が沖縄に重くのしかかる。

「50年の節目ですが、県民が盛り上がる様子は見られません。復帰当時を知る高齢層にとって『復帰』に託した期待は喪失したからです。50代以下の世代には『復帰』は単なる過去の出来事。『だから何?』という感じでしょう」(沖縄国際大学・前泊博盛教授)

「基地のない平和な沖縄」という県民の願いもむなしく、基地は返還どころか、固定化の様相さえ呈している。背景には中国脅威論や北朝鮮の核開発など、東アジア情勢の不安定さがある。安全保障の重要性から、基地負担の軽減と軍事力強化の狭間に、沖縄は常に立たされている。

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト