芸能

佐藤浩市、『鎌倉殿の13人』で三谷幸喜から感じた「無言のプレッシャー」

佐藤浩市

『鎌倉殿の13人』での上総広常役が話題に

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で上総広常が非業の死を遂げた直後から、SNSでは「#上総介を偲ぶ会」が立ち上がり、いまだに「上総介ロス」という人もいるという。演じたのは、佐藤浩市(61才)。昨年末には歌手デビューを飾り、最新出演作である映画『20歳のソウル』も公開になるなど、60才を過ぎたいまも、新たな活動の場を広げ、注目を集め続ける佐藤に話を聞いた。【全4回の1回目】

 佐藤浩市が現れると、取材場所のスタジオは一瞬にして華やかなオーラに包まれた。ソフトハットがよく似合う。ダブルのスーツの着こなしがまたダンディーで、セクシーでもあり、渋くもあり、と見とれていたら、あっという間に撮影タイムが終了。いよいよインタビューに突入した。

「よろしくお願いします」と伝えると、耳に心地のよい声で「こちらこそ」と、穏やかな笑顔を向ける。円熟期を迎えた61才の大物役者はどこまでも魅力的だ。

 まずは自身の放つ存在感について聞いてみた。すると腕を組んでしばし考えた後こちらの目を見据えて、

「自分に存在感があるかないかなんてわかりませんね。だってそれは人が感じることだから。でも存在感のある役者を目指して頑張ってきたのかもしれないし……。とにかくそう言っていただけるのはうれしいです」と語る。驚くほど謙虚なのだが、三谷幸喜脚本による大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)でも、圧巻の存在感で視聴者の心を鷲掴みにした。

「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝のこと。ドラマは主人公の北条義時(小栗旬)が頼朝(大泉洋)のほかの家臣たちとパワーゲームを繰り広げ、武士の頂点に立つまでの成長を描きながら展開していく。その中で佐藤が演じたのは、坂東随一の大豪族・上総広常(かずさ・ひろつね)だ。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン