芸能

佐藤浩市、『鎌倉殿の13人』で三谷幸喜から感じた「無言のプレッシャー」

佐藤浩市

『鎌倉殿の13人』での上総広常役が話題に

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で上総広常が非業の死を遂げた直後から、SNSでは「#上総介を偲ぶ会」が立ち上がり、いまだに「上総介ロス」という人もいるという。演じたのは、佐藤浩市(61才)。昨年末には歌手デビューを飾り、最新出演作である映画『20歳のソウル』も公開になるなど、60才を過ぎたいまも、新たな活動の場を広げ、注目を集め続ける佐藤に話を聞いた。【全4回の1回目】

 佐藤浩市が現れると、取材場所のスタジオは一瞬にして華やかなオーラに包まれた。ソフトハットがよく似合う。ダブルのスーツの着こなしがまたダンディーで、セクシーでもあり、渋くもあり、と見とれていたら、あっという間に撮影タイムが終了。いよいよインタビューに突入した。

「よろしくお願いします」と伝えると、耳に心地のよい声で「こちらこそ」と、穏やかな笑顔を向ける。円熟期を迎えた61才の大物役者はどこまでも魅力的だ。

 まずは自身の放つ存在感について聞いてみた。すると腕を組んでしばし考えた後こちらの目を見据えて、

「自分に存在感があるかないかなんてわかりませんね。だってそれは人が感じることだから。でも存在感のある役者を目指して頑張ってきたのかもしれないし……。とにかくそう言っていただけるのはうれしいです」と語る。驚くほど謙虚なのだが、三谷幸喜脚本による大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)でも、圧巻の存在感で視聴者の心を鷲掴みにした。

「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝のこと。ドラマは主人公の北条義時(小栗旬)が頼朝(大泉洋)のほかの家臣たちとパワーゲームを繰り広げ、武士の頂点に立つまでの成長を描きながら展開していく。その中で佐藤が演じたのは、坂東随一の大豪族・上総広常(かずさ・ひろつね)だ。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン