国内

眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か

眞子さんはNYのMETとも関りがあったが、MET側の狙いは

眞子さんはNYのMETで活動を始めた。MET側の狙いは

 振り返れば、眞子さんと小室圭さんの結婚は、多くの人の「お膳立て」があったからこそ成就した。それは渡米してからも同様で、個人どころか、公的機関までもが陰に陽にふたりを支えている。

 渡米前の羽田空港では、空港職員に案内されて「貴賓室」へ招かれ、飛行機の座席はエコノミークラスからビジネスクラスにグレードアップ。空港に降り立った際は、迎えの車が待機し、新生活を始めるマンションへ案内。さらに在ニューヨーク日本国総領事館には「小室さん夫婦担当」が置かれ、生活まわりのことについて逐一相談に乗っているという。

 さらに、世界トップクラスのミュージアムであるメトロポリタン美術館(MET)もまた、眞子さんに救いの手を伸ばそうとしている。MET側は、眞子さんは正規雇用されたスタッフではないとしているが、ホームページに掲載された文章に眞子さんの名前が登場。活動を始めている。

「METは観光地としてだけでなく、職場としても大変な人気で、学芸員の資格や博士号を持っていてもなかなか職を得られません。眞子さんは周囲に“日本美術を世界に広めることに貢献したい”と話しているとも聞きます」(皇室記者)

 眞子さんとMETの懸け橋が、METで日本美術分野のキュレーターを務めるジョン・カーペンター氏だ。眞子さんが寄せた解説文書に「翻案者」として名を連ねている。もちろん、METにも眞子さんを抱え込むことのメリットがあるという。

「METが眞子さんの肩越しに眺めているのは、宮内庁が所管する『三の丸尚蔵館』に収蔵された、皇室ゆかりの品々でしょう。三の丸尚蔵館では、皇室に代々受け継がれた絵画・書・工芸品や、亡くなられた皇族の遺品など約1万点の“秘宝”を収蔵しています。国宝に指定されているものも数多くあります。

 そういった品々は、これまで各地での展覧会などに貸し出しがされてきました。三の丸尚蔵館は、現在、新施設への移行準備のため休館中ですが、地方の美術館や博物館への貸し出しは行われています」(宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン