芸能

ダチョウ倶楽部の2人 上島竜兵さんの通夜当日にドラマ撮影、笑顔でファンサービス

上島さんが欠けてもダチョウ倶楽部

上島さんの通夜当日、ダチョウ倶楽部の2人が芸人魂を見せた

 数時間後に37年間を共にした盟友の亡骸と対面する──常人であれば、言葉も出ないような悲しみに襲われるなか、ダチョウ倶楽部の2人は上島竜兵さん(享年61)との“お約束”を果たすため、ある場所に向かっていた──。

 昭和からタイムスリップしたようなひなびた大衆食堂に、困惑の声が響く。

「あんなでけぇショッピングセンターができたらよぉ」
「うちらみたいな小さな商店街はもうおしまいだ!」

 絶妙なタイミングで言葉をつないだのは、ダチョウ倶楽部の肥後克広(59才)と寺門ジモン(59才)だった。2人は放送中のドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)で、主人公・深山佐都(土屋太鳳・27才)の実家である大衆食堂「まんぷく屋」に通う常連客を演じている。

 第1話では、ダチョウ倶楽部の3人が揃って出演し、コミカルな演技が光った。しかし、5月26日に放送された第6話で掛け合いを見せたのは冒頭のように2人だけ。そこに「八百屋の八さん」を演じていた上島竜兵さんの姿はなかった──。

 上島さんの訃報が届いたのは、5月11日のことだった。冒頭のシーンは、上島さんの通夜が営まれた5月13日の午前中に撮影されたという。

「撮影を延期するという話も出ました。しかし、肥後さんと寺門さんの『スケジュールの延期で迷惑をかけたくない』という意向で、撮影が決行されました」(ドラマ関係者)

 撮影場所となった東京・足立区にある老舗の甘味処「かどや」の店主・中田実さんが明かす。

「あの日の撮影は上島さんのお通夜に参列できるようにと、開始時間が前倒しされたそうです。朝9時には出演者やスタッフが撮影現場に来ていましたね。ダチョウ倶楽部のおふたりは撮影が始まると明るい声を出し、落ち込んでいる様子は見せませんでした」

 ファンサービスも、“通常営業”だった。

「見学していた近隣に住んでいるかたが、“もしタイミングがあれば”とサイン色紙を持ってきたんです。しかし、上島さんを亡くしたばかりで、状況的にファンサービスは難しいと考えたのでしょう。スタッフさんが『ごめんなさい。今日は……』とお断りされていたんです。

 ところが、その様子を見ていたおふたりは『全然いいですよ! ありがとうございます』と自らサインに応じていました。本当はつらいはずなのに満面の笑みで……見ていて胸に込み上げるものがありましたね」(中田さん)

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン