ライフ

罹患数が年々増える大腸がん「NBI拡大内視鏡」の導入で早期発見が可能に

「NBI拡大内視鏡」でどういった治療ができる?

「NBI拡大内視鏡」で可能になったがんかポリープかを判断

 NBIという特殊な光で検査する内視鏡も登場、がんであるか良性ポリープか画像での診断が行なえるようになった。また、がんがごく浅いところに留まっている症例では、その範囲が広くても内視鏡治療を実施できる。

 かつて日本人に多かった胃がんの罹患数は現在、減少しているのに対し、大腸がんは年々増加中で、年間約15万人と、がんの臓器別発症では罹患数1位となった。他の臓器に、がんが転移した状態であるステージ4での5年生存率は20%程度だが、転移していない段階であれば進行大腸がんであっても適切な治療で7割近くの患者が治るため、いかに早い段階で見つけるかが治療の第一歩となる。

 昭和大学江東豊洲病院消化器センターの田邊万葉医師に話を聞いた。

「大腸がんは症状が出にくく、ステージ4でも無症状の方がいます。患者さんの中には、慢性の便秘だと思っていたり、便に血が混じってはいたが、ただの痔だと思い放置し、その間にがんが進行してしまったケースも珍しくありません。内視鏡検査での早期発見も可能ですが、検査に対する恥ずかしさや下剤を飲むわずらわしさで敬遠する方が多く、それらが早期発見を妨げている現状もあります」

 とはいえ、近年の大腸内視鏡技術の進歩は目覚ましく、挿入技術の向上により、検査時間も短くなっている。診断面ではNBIという特殊な光を照射する拡大内視鏡が登場。この青色の光を放つNBIを当てると、粘膜やポリープの表面に血管が浮かび上がるように見える。良性の場合は血管の模様が整然としているのが見て取れるが、がんでは血管の模様に、かなりの乱れが生じているのがわかるのだ。

 NBIによって大腸ポリープの表面構造をより細かく観察でき、がん化したポリープの早期診断や、がんの深度の予想も可能になった。またAIが搭載された内視鏡の開発も進み、これまで以上に正確な診断が期待されている。他に治療においても内視鏡での治療可能範囲が広がった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン