ライフ

罹患数が年々増える大腸がん「NBI拡大内視鏡」の導入で早期発見が可能に

「NBI拡大内視鏡」でどういった治療ができる?

「NBI拡大内視鏡」で可能になったがんかポリープかを判断

 NBIという特殊な光で検査する内視鏡も登場、がんであるか良性ポリープか画像での診断が行なえるようになった。また、がんがごく浅いところに留まっている症例では、その範囲が広くても内視鏡治療を実施できる。

 かつて日本人に多かった胃がんの罹患数は現在、減少しているのに対し、大腸がんは年々増加中で、年間約15万人と、がんの臓器別発症では罹患数1位となった。他の臓器に、がんが転移した状態であるステージ4での5年生存率は20%程度だが、転移していない段階であれば進行大腸がんであっても適切な治療で7割近くの患者が治るため、いかに早い段階で見つけるかが治療の第一歩となる。

 昭和大学江東豊洲病院消化器センターの田邊万葉医師に話を聞いた。

「大腸がんは症状が出にくく、ステージ4でも無症状の方がいます。患者さんの中には、慢性の便秘だと思っていたり、便に血が混じってはいたが、ただの痔だと思い放置し、その間にがんが進行してしまったケースも珍しくありません。内視鏡検査での早期発見も可能ですが、検査に対する恥ずかしさや下剤を飲むわずらわしさで敬遠する方が多く、それらが早期発見を妨げている現状もあります」

 とはいえ、近年の大腸内視鏡技術の進歩は目覚ましく、挿入技術の向上により、検査時間も短くなっている。診断面ではNBIという特殊な光を照射する拡大内視鏡が登場。この青色の光を放つNBIを当てると、粘膜やポリープの表面に血管が浮かび上がるように見える。良性の場合は血管の模様が整然としているのが見て取れるが、がんでは血管の模様に、かなりの乱れが生じているのがわかるのだ。

 NBIによって大腸ポリープの表面構造をより細かく観察でき、がん化したポリープの早期診断や、がんの深度の予想も可能になった。またAIが搭載された内視鏡の開発も進み、これまで以上に正確な診断が期待されている。他に治療においても内視鏡での治療可能範囲が広がった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン