ライフ

【新刊】祖母の葬儀に向かう車の中で繰り広げられる家族という修羅を描く『くるまの娘』など4冊

祖母の葬儀に向かう車の中で繰り広げられる家族という修羅

祖母の葬儀に向かう車の中で繰り広げられる家族という修羅

 じめじめする梅雨の季節は、部屋の中で読書をして静かに過ごすのもいいだろう。今読みたい新刊4冊を紹介する。

『くるまの娘』/宇佐見りん/河出書房新社/1650円
 芥川賞受賞作『推し、燃ゆ』に砂に隠した針のような記述があった。主人公の心の不調。本書ではそれを前面に出す。勤勉で暴力的な父、脳梗塞の後遺症に苦しむ母、家を出た兄や弟。高校生のかんこは思う。被害者づらはできない、自分もこの地獄を巻き起こす一員だと。生きるために逃げろというポストモダン的思考に一石を投じる家族小説。家族のままならなさを深く掘る。

小学館ノンフィクション大賞受賞作。支える側と支えられる側が共存する街を往く

小学館ノンフィクション大賞受賞作。支える側と支えられる側が共存する街を往く

『マイホーム山谷』/末並俊司/小学館/1650円
 マザー・テレサを手本に2002年、山谷に創設された「きぼうのいえ」。著者の末並さんは両親を看取った2018年、創設者の山本雅基さんに会いに行く。死の意味を考えたくて。が、山本さんは貧困と病で支えられる側になっていた。彼に何が。本書は山本氏に共鳴して高い勉強代を払ったオーラの泉の江原啓之氏や失踪した元妻も捜し出して話を聞く。共助や互助について考えさせられる。

漫画デビュー20周年の記念碑的作品。ミウラさんは働く独身女性達の切実な分身

漫画デビュー20周年の記念碑的作品。ミウラさんは働く独身女性達の切実な分身

『ミウラさんの友達』/益田ミリ/マガジンハウス/1430円
 古い女友達と気まずくなったミウラさん。「トモダチ」という人型ロボットを思い切って購入する。彼女が発するのは「うん」や「そうなの?」など4つだけ。でも4つ目の言葉が分からない。一方ミウラさんは感じのいい同僚男性カジさんと言葉を交わすようになる。ロボット設計者の思いとミウラさんの恋が静かに絡み、人と人の間に生まれる小さな奇跡に心の温度がじんわり上がる。

「みんなちがって、みんないい」この国、ほんとうに、そうなってるかな

「みんなちがって、みんないい」この国、ほんとうに、そうなってるかな

『ほんとうのリーダーのみつけかた 増補版』/梨木香歩/岩波現代文庫/880円
 名著『君たちはどう生きるか』と対にしたくなる現代版。何を指針に生きるか、平明な言葉で書く。例えばリーダー論。それは外部にはなく、自分で自分をジャッジする心の眼のことだとする。増補の「『村八分の記』(1953年刊)を読む」には衝撃を受ける。村の選挙不正を告発した少女や家族が受けた仕打ち(中島みゆきの歌『ファイト!』のよう)。著者はXの出現に希望を繋ぐ。

※女性セブン2022年6月16日号

関連記事

トピックス

亡くなった三浦春馬さんと「みたままつり」の提灯
【三浦春馬さんの名を靖国に】提灯2万円に値上がりなのに100個も集まった「ファンの熱い思い」 『みたままつり』に献灯ズラリ
NEWSポストセブン
松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン